飛行機の操作免許はペーパーだと いつか失効する?飛行機のパイロットは 一定数以上操作しないと免許失効になる ことがあるらしいですけど、

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

操縦ライセンスは失効しません。 以下の様な決まりが有ります。 航空運送事業の用に供する航空機の運航に従事する者等に対し、 最近の飛行経験が義務付けられています。 離着陸経験:90日以内に3回以上で1回は夜間【航空法第69条】 (大臣に認められたシミュレーターで充足も可能) 操縦技量を維持するために決められています。 自家用操縦士の場合も、 航空機を操縦する日から遡って180 日以内に当該航空機と同じ種類 及び等級の航空機による3 回以上の離着陸経験がない場合は、 実技訓練(航空局が認定した模擬飛行装置又は飛行訓練装置により 行う場合を含む。)を行うことにより自ら技量の維持に努める。 と有ります。

0

失効ではありません。乗務することができなくなるだけです。 指定されたシミュレーターなどの模擬飛行装置で訓練を受ければ再度飛ぶ事は可能です。 > なぜそうなっているんですか? 多くの乗客を預かるパイロットが「さぁ、久々に飛ぶぞ!沢山ある計器、どれだどこにあるか忘れちゃったな、まぁ何とかなるか~」ではいけないので。

なるほど。 FDAが飛行時間を稼ぐために 遊覧飛行を始めたらしいので 飛行しないと業務で困るんですね。 つまり個人は関係ないことと シュミレーターさえやれば 再度復帰もかなうわけですか。