どうして軽自動車は4500キロ走っただけでオイル交換の赤マークが点灯するんでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(13件)

0

オイルポットのマークの事なら油圧警告灯なので、オイル交換のマークではありませんよ。 油圧がかからない(大抵はオイルが少なすぎて油圧がかからない)のでオイルがエンジンを循環していないということになります。エンジン保護ができないので非常にマズイ状態です。 正常な車なら元々オイル量の少ない軽自動車と言えども4500キロではオイルはそこまで減りません。どこかで漏れてるか燃料と一緒に燃えてるかのどちらかです。

1

軽ターボの場合5000Km毎交換が普通かな その500Km 手前から注意警報発令 ホンダは黄色のスパナマークが点滅 5000Km超えると常時点灯

1人がナイス!しています

1

メンテナンス系ならスパナのマークじゃないの?赤は本当にヤバイ時の警告灯の色だよ まぁ、シートベルトが赤って納得できないが

1人がナイス!しています

0

オイル交換時期の設定が4500キロになってるのでは? 1万キロ等に変更する事も可能ですよ。