99度で水を熱し続けても、絶対に沸騰しませんか?

化学 | サイエンス764閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

場所によって変わります。 そもそも、沸騰というのはどのような現象なのか考えてみましょう。 水分子は絶えず熱運動をしており、常にバラバラになって自由に移動しようとしています。それなのに水が液体としてまとまっているのは、空気の分子が水を押さえつけているからです(大気圧)。温度が上昇すると熱運動が激しくなり、水分子が大気圧に打ち勝って気体となり自由に動き出します。これが沸騰という現象で、沸騰が起こる温度のことを沸点と呼んでいます。 そのため、気圧が下がれば沸点は下がります。水を押さえつける力が小さくなるからです。

そうなるとこの表にある沸点は、宇宙のような真空状態では全く違うということですよね。 気圧の変化で沸点の違いを計算できる式があるのでしょうか。もしくは、写真のような表の真空版はありますか?

画像
0

富士山の山頂でお湯を沸かすともっと低い温度で沸騰するので、場所により絶対ではありません。