回答受付が終了しました

パソコンなかった1980年代はどうやってゲーム作ってたんですか?ファミコンとか?

1人が共感しています

回答(9件)

0

パソコンではなくマイクロコンピュータ、マイコンな、MSDOSと言うマイクロソフトが開発したシステムソフトウェアで起動、記録メディアはコンパクトカセットテープとフロッピーディスクメディア、この時代なら5インチのフロッピーディスクだな、この時代ハードディスクドライブもあったけど、民間向けではなく法人向けな

0

1980年代もパソコンくらいありました。 それだけです。 ファミコンも、畳くらいデカいデバッグ機が任天堂から送られて来て、パソコンで作ったソフトをインストールしてテストしていました。

0

当時Basic言語は機種ごとに微妙に違うので、機種ごとに開発、修正が必要だった。ただし、Basicは遅いので機械語(アセンブラ)で開発する必要もあった。当然ながら、当時の8ビットパソコンでは無理なのでミニコンとか大型機使用。(Basicの中にごく短い機械語を使用する場合には、ハンドアセンブルも行われた)。ファミコンののような専用機は開発用の機能は無いので、他のコンピューターが使われていた筈。

2

なんかみんな適当w TK-80もartairもApple2もAmigaもコモドールpetもMS-DosベースではなくオリジナルOS。国産PCを含め、多くの「マイコン」はBasic言語が標準搭載され、みんなそのBasicでプログラミングしてました。ゲーム機メーカーは自前でそのゲーム専用に回路を組んで、Romにプログラム焼き込んでた。 そのうちファミコンがでて、ゲーセンのゲームはカセット交換式に。 ちなみに、Basicは当時のコンピューターには重くて、動きをスムーズにするためにマシン語でプログラミングしてましたよ。 Dosが普及したのはフロッピーディスクが普及してから。それまではカセットテープにデーターを記録してたんだよ。

2人がナイス!しています

0

日本におけるPCの原点(マイコンと言われていたもの)はTK-80 そしてこれ発売したのは1976年 さらに世界的に見ればAltair 8800が原点。そしてこれの発売は1974年 さらにメインフレームとかだともっと昔からあった。 >いずれもOSはMS-DOSをベースとしたものだったが 君があげているX68000はMS-DOSベースではない。

>TK-80もartairもApple2もAmigaもAppleIIもMS-DosベースではなくオリジナルOS だから何? だれもMS-DOSベースなんて書いていない。 PCの原点の話をしていただけだ。PC=MS-DOSなんてとんちんかんな子という人? >国産PCはBasic言語が標準搭載され ROM BASICな。それに対してOSを介して起動するBASICをDISK BASICっ言ったりした。