昭和20年に米空母フランクリンは日本の爆撃機の攻撃にあい250キロ爆弾2発を甲板に受け、その後、

日本史43閲覧