ID非公開

2021/1/12 17:55

33回答

春秋戦国時代の合戦に於いて、冬将軍が将兵にダメージを与えたケースはございませんか?

中国史 | 世界史89閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

春秋戦国時代は温暖な時代だったのですね。 確かに、古代の中原には象やサイがいたり、長江には龍のモデルとなったと思われる巨大なワニが生息していたというのは、温暖な気候だったと言わないと説明がつかないですしね。 ご回答をありがとうございました。

お礼日時:1/17 8:42

その他の回答(2件)

0

春秋戦国時代は世界的に気温が今よりも高い傾向にあり、漢の時代よりも温暖だったのは確実視されています。 なので多少の雪はあっても冬将軍レベルはないと思われます。また、春秋戦国時代は定期的な日照りがあったようで、これは高い気候だからこそ多発する現象です。 春秋戦国時代というと戦争が多発というイメージがありますが、実際は戦国末期すら人口2000万人で食糧の安定した生産も確実でなかったことから戦争→数年休戦→戦争の繰り返しで戦争しているときの方がはるかに少ないのです。

ID非公開

質問者

2021/1/13 11:37

春秋戦国時代は、中世温暖期や現在よりも温暖だったのですか? 又、同時代が温暖だったのは、ローマ温暖期と同時期だったからですか?

0

春秋戦国時代は気候が温かく、中原に象がいたそうです。 なので、春秋戦国時代の中国ではものすごく寒いということがなかったようです。農業の生産力も高かったそうです。 前漢の劉邦の故事では、匈奴の冒頓と戦った時に(白登山の戦い)、すごく寒くて、漢の兵が凍傷にかかったという記述があります。 また、紀元後(後漢の頃)から気候が寒冷化し、三国時代は寒い時代で、農業生産力も減退していたそうです。

「農業の生産力も高かったそうです。」 現在の中国人男性の平均身長は165センチぐらいですが、戦国時代の長平の戦いの遺跡で眠る秦の白起に虐殺された趙の兵達の平均身長は170センチでした。 戦国時代は食料が豊かであったため、身長も高かったと考えられます。