地上デジタルラジオ放送?はもう実現することはないのでしょうか?

ラジオ34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
画像

付け足します。 V-low帯の、総務省の調査と同時に、 V-high帯も、同じように募集や調査もしています。 ( www.soumu.go.jp/menu_news/snews/01ryutsu08_02000239.html ) 末尾の所が 239 のページです。 旧 NOTTV の空き電波 207.5~222MHz のほうで、 現在は、実験局用の電波に指定されていて、 各社や団体で、実験放送などを運用している状態です。 今年も1年間は実験延長のため、来週まで、募集した形ですね。

その他の回答(4件)

0

スペースディーバとサウンドプラネット既に有りますよ、スターデジオも。

0

テレビ放送で使われた『ワンセグを転用する』形なら、あり得るでしょう。4K,8Kと高画質を追い求めるテレビ業界ではワンセグは忘れられた存在ではありますが、これをラジオ放送に転用すれば極めて安価にデジタル化が可能です。 現に愛媛の南海放送はワンセグラジオ放送を実施しています。 https://www.rnb.co.jp/press/node/010620.php 既にテレビ用に完成されたネットワークを使いますので、広大なサービスエリアをカバーしなければならないような地方では、多数の中継局を必要とするワイドFMよりも安価かつアナログ放送に代わる有力な方法となるでしょう。

3

地上デジタルラジオは何回も失敗してるので総務省としてももう認可しないのでは? 事業者側も負債を抱える事、流行らない事が判ったので誰もやらないと思います。 聴取者も欲しいと思ってない、思ってる人は極少数です。 ラジオの時代は終わってます。 BSデジタルラジオもやってみたけど廃止。 地ラジも失敗。 技術的に出来る事と商業的に成り立つかは別問題です。 インターネット経由で安定的にラジオ放送が出来るので地上デジタルラジオ放送は2度と行われないと思います。

3人がナイス!しています

1

ワンセグとフルセグみたいな感じであればしていますよ

1人がナイス!しています