新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/13 8:37

33回答

母が小さな居酒屋をしております。

法律、消費者問題 | 税金44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(3件)

0

年間の利益が35万円に満たないということがわかっているなら、一応、帳簿は付けているのでは? それなら、さかのぼって申告したらどうでしょう? それはそうと、年間の利益が35万円に満たなくても確定申告すれば、還付金が戻ることもあるのに、なぜしなかったのだろう?と疑問。 さらに以前は確定申告していたのに、しなくなったら税務署から督促とかきていたと思うのですが…?

0

金融機関が貸付金の募集をしていますコロナ融資は低利ですから 借入金の返済にも運転資金にも使えます

基礎控除は48万円になっていますしたがって申告しても45万円まで無税です社会福祉協議会の生活福祉資金貸付も転用可です

0

確定申告書類が提出書類となってます また確定申告不要は所得20万円以下です もし確定申告をしてなくても所得が有れば住民税申告は義務です 住民税申告書控えはございませんか?