31歳高卒で自動車の鋼材メーカーで働いてます。

転職 | 自動車106閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

言葉足らずで申し訳ありません。 エンジン関連も含めた鋼材メーカーなのでガソリン自動車生産が落ちればモロに影響を受けるのではないかと感じています。 確かに自動車関連の生産がゼロにはならないでしょうが世界的にガソリンエンジン車を無くしていく動きは確かにあり、楽観的な見方はどうしてもできません。転職するなら付加価値を持った物を生産している企業を目指すべきですかね…

ThanksImg質問者からのお礼コメント

軽くて高付加価値のあるものについて私が思いつくものが回答者様の仰っているものと合致するのか分かりませんが、その辺りの企業を調べてみようと思います

お礼日時:1/14 8:15

その他の回答(2件)

0

ハイブリッドや電気、水素、軽油などの内燃機関等の車は残りますから、鋼材が減ることは少ないと思いますよ。 自動車を必要としない人も増えていますが、結局、公共交通機関があるところなので、バスやタクシーなども残ります。 将来的に、自動車用だけではない自社製品を出してくるでしょうから、少々冷え込んでも困らない程度だと思います。 趣味程度にちょこちょこ資格を取っていけば良いのでは? 危険物だったり電気工事だったり、簿記とかだったり。

0

純粋なガソリン車の「製造」を無くす方向ですが、車の製造としては無くなる訳ではありません。 また外装部品は一部樹脂化もしていますが、全て樹脂化は現状では難しいですし新しい素材とするとしてもコスト面では見合わないですからね。 個人的に思うのは貴方に限った話ではありませんが、一部の情報のみを切り取って理解し勘違いをしない事が重要。 情報は一部ではなく全体を把握すれば正しく理解し無駄な不安も出ませんよ。