新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ファンダイブ中にパニックを起こします。 アドバンスで150本弱、毎年20本くらい潜っているものです。

ダイビング131閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございます! 原因思い返してみたのですが、ドリフトでハズレを引いて、底も見えない真っ青な海のなかただただインストラクターに付いて行く中ではじめて発症、「先が見えない」ことがトリガーな気がしました。 みなさんの回答どれも非常に参考になったのですが、ステップアップが一番不安のもとを断てるかなと感じ、こちらをベストアンサーとしました。 他の方申し訳ありませんが大変感謝しております!

お礼日時:1/19 16:04

その他の回答(5件)

1

過去、ゲストにそういう方が居ました。 100本を超えて少し慣れて来られた段階で、しかも特別ハードなコンディションでも無いのにパニくるってことは、普通は無いので対処に苦慮した覚えが有ります。 ボートでエントリー直後に「上がりたい!」ってことが数回続いて、「マンツーマンでビーチからやり直しましょう。」と勧めたんですけど、そのまま疎遠になってしまいました。 水中写真や(昔なら)魚突きとか、明確な目的が有るとそういう原因不明の不安感に襲われることはまず無いので、私からもご自身が一番興味が持てる何かを追求されることをお勧めします。 興味が有れば、レスキューコースとかもいいかも知れません。 あくまで、興味が有れば、ですけどネ。 もひとつ、中々困難な課題ですが、イントラやガイドではない信頼出来るバディを見付けられるといいですね。 「この人と潜ってると安心出来る。」って方が常に一緒だと不安感に襲われ難いと思います。 ただ、バディチームはギブアンドテイク、助け合いですから一方的にお世話になるだけではダメですけどネ。 そうなると、相手はベテランよりも初心者の方がいいかも知れません。 「私がしっかりしてないと危ない。」って思えば、自分がパニくってる場合じゃ無くなりますから。(笑)

1人がナイス!しています

2

こんばんは。 わたくしはダイビングのインストラクターではありませんが、 多少経験を積んだ一人のダイバーとして、 わたくしの経験と見聞の範囲で、 質問者様の疑問にお答えします。 わたくしには、質問者様の実際の状況が 詳しくは分からないのですが、 >ああ、これがパニックかと思い、立ち止まって深呼吸、 >おさまらなければ片手でレギを握って潜り続け、 と書かれている内容から推察するに、 質問者様は、パニックに陥っているわけではなく、 ご自分の状況を客観的、冷静にみつめ、 コントロールされているように、思われます。 したがって、あまり深刻にお考えにならなくても いいようにも思いますが、 そういうことが、たびたびあるというのも、困りますね。 問題は、ダイビング中に不安にかられ、 レギを外してしまいそうになる、ということが、 どこから来ているか、ですね。 1つ思いますのは。 ご自身ではお気づきになっていないと思われるのですが、 何か、ストレスに感じていることが あるのではないでしょうか、 例えば、低水温、フィンキックの疲労感、または、 水圧から、からだに異常を感じているのかもしれませんね。 そのようなストレスがあった場合、不安感や息苦しさを感じて、 レギを外そうとする、ということもあり得ると思います。 そして、そのようなストレスは、平素は問題なくても、 何か別のトラブルと重なってしまうと、 大きな事故につながる可能性も秘めていますので、 なるべく早く解消するべきです。 まず、そのためには、 そのストレスの正体を突き止めなければなりませんが、 これは、他人には分かりませんので、 質問者様が、ご自身でみつけていくしかありません。 どういう時に、そのような症状が現れますか? ダイビングの始めの頃ですか、それとも終わり頃ですか。 どのような場所で、現れますか? 水深が浅いところですか、それとも深場でなりますか? 移動中に起こりますか、それとも、 一か所に止まって生物などを観察しているときですか? 逆に、そういう症状が出ないのは、どういうときでしょうか? 以上のようなことをチェックして、 なにか自分にかかっているストレスがないか、考えましょう。 わたくしが習った指導団体はSSIといいますが、 SPで、「ストレス&レスキュー」というコースがあります。 これは、ストレスについて科学的に学び、 自分にかかっているストレスをなくすことで、 安全に潜りましょう、というコースです。 通常、「レスキュー」といいますと、 他のダイバーさんを救助する、という意味が強いですが、 このコースは、他人をレスキューするというよりも、 自分がレスキューされる立場にならないようにしましょう、 という意味が強いのです。 質問者様にも、是非、お勧めしたいコースです。 周りにSSIのお店がありましたら、 尋ねてみられるといいです。 それから、質問者様がお使いになっている器材は、 ご自分のものですか、それとも、レンタルですか? ダイビングは、器材に依存するスポーツと言われています。 誰でも。使用する器材に万全の信頼がおけないのでは、 安心して潜ることはできません。 レンタルでは、毎回、どんな器材にあたるか わかりませんので、 できれば、マイ器材をお持ちになることをお勧めします。 そして、レギュレーターは、年に一回程度、 オーバーホールに出していますか? こまめに器材を手入れして、 整備の行き届いた状態で潜れば、不安もなくなります。 わたくしからは、以上となります。 質問者様が今後、楽しく安全にダイビングができますように、 お祈り申し上げます。

2人がナイス!しています

2

私もなりました。本当に嫌ですよね、水中なのにレギュを外してしまいたくなるパニックの感覚。私はAOWを取って35本ぐらいのときになり、120本ぐらいの頃に克服しました。なんとか精神力でレギュを外さず、急浮上もせずに乗り越えましたが大変でした。 症状は質問者さんよりも酷く、一度パニックを覚えてからは不安や緊張と一緒に潜るうちに、潜行したとたんにドキドキして息苦しく感じるようになり、ダイビング中ずっと息苦しいということもありました。でもダイビングが好きなのでなんとか克服しようと1人で地味に頑張っていましたが、そういう追い込みは海においてはダメですね。どんどん悪化しました。 私が克服した方法は、不安を馴染みのインストラクターに正直に伝え、まずはOWの海に戻り、無理せず、インストラクターにも海で怖くなったら伝えるなどして、海の中で不安を抱え込まないようにしたことです。 また、パニックになったきっかけが息が上がりすぎたことで、それ以来、レギュからの呼吸に不安を覚えてしまっていたので、呼吸への不安を取り除くためにスキルアップしたり、いかに平常心でいるかを身につけたりしました。そのうちパニックにならないダイブがあったりなかったり、そんなのを行き来しながらゆっくり克服に向かいました。 今は300本弱ぐらいまでになりましたが、パニックダイバーの経験を経て、良い緊張感を持って楽しく海に潜っています。 質問者さんも、早く心から海を楽しめるようになるといいですね。

2人がナイス!しています

1

私は経験30年、本数は2千本弱ですが最近、体力の衰えとともに、パニックというか自信がもてず、潜ってるときに不安でたまらなくなることがあります。 一人でなら、落ち着けますが、人のペースにあわせて動くことが困難になるので、今はソロでしか潜れません。 チームでボートとの連携が必要だったり、ソロでは潜ることが許容されてないとこでは潜れなくて困ってます。 しかし、もうしょうがないかなと思って、ソロで潜れる範囲で潜っていくしかないとおもってます。

1人がナイス!しています

3

代わり映えしないスタイルで新鮮味が薄れて、ほんの少しだけ飽きてませんか? ストレスやメンタルの持ち様など様々な原因があるでしょうし、私には簡単に解決できるような回答はできませんので、あくまで提案ですが 浅いビーチポイントでセルフダイビングをされてはいかがですか? その際に何かテーマを決めて潜られると面白いと思います 例えば「○○を自力で発見する」「□□の写真をキレイに撮る」「△△の根まで一発で行く」等ゲーム性があるとやる気が出ます 無理に達成する必要はありませんし、息苦しさを感じたらサッサとエキジットしてもかまいません 目的は他人に合わせるのではなく、自分のペースで楽しむこと 「ストレスを感じる=自分が絶対やりたいことではない=惰性になってしまってちょっと退屈でワクワク感が足りない」ということではないかと思います 自由があると同時に全て自己責任 自分の総合的なスキルの確認にもなります さらに一歩踏み出すなら初心者をバディに選ぶと良いですよ 洞察力と冷静な判断力が問われますが、楽しく潜らせてあげられた時は大きな達成感が得られます

3人がナイス!しています