曽祖父が日清日露戦争に兵隊として取られ、そのあと何回もちょくちょく中国出兵で兵隊に取られては返ってきて、

日本史54閲覧

ベストアンサー

0

曽祖父の子供である祖母が大正15年生まれ。 25歳で子供産んでも太平洋戦争終結が40歳なのでそれはありそうですね。 日中戦争なら不思議じゃないですね 第一次世界大戦も行ってそれが1919年なので、その辺の年齢ならありそうですね。 日清日露は祖父の聞き間違いだかかもしれません

ThanksImg質問者からのお礼コメント

軍歴証明というのがあるそうなので何とかそれをあたってみようと思います

お礼日時:1/19 1:33

その他の回答(2件)

0

日清戦争が1894-95年 太平洋戦争が1941年~ 20歳で日清戦争に従軍したとしても1941年には最低でも66歳です。 20歳ですぐ出征もないと思うので実際はもっと年上 そんな年寄りの兵隊はいません 畑俊六や寺内寿一のような元帥より年上です。 ちょくちょくと言うことなので下士官ではないようですが第一次世界大戦のあと陸軍では大規模な人員削減が行われ中年の兵隊を養う余裕はありませんでした。 たぶん嘘です。

そうなんですよねぇ そこの年数が全然ひっかかるのですよね 祖母は曽祖父とあまり関係がよくなく子供たちには多く語らなかったそうで。 祖母の旦那である祖父から聞いた話なので結構ズレはあると思うんですがそれにしても年数が。 最後は出征から帰ってきた昭和21年にそのまま祖父母の所に来たそうですが、祖母が今更なんだ!と言って追い返したそうです。 祖父が言うにはその後行き倒れで死んでいたそうです。大雪の日だったとか。 そんな訳もあり謎なんですよね、経歴が。

0

太平洋戦争中は在郷軍人として待命(パートタイム軍人)或いは海軍の警備召集されていたんじゃないかな