回答(10件)

0

風土など、土着的なところからの発生を考えれば、 音楽は元々はエモーショナルなものだと思いますが、 内容が高度になるに連れ、ロジカルで分析・整備 させながら発展させて行ったのではないかと思います。

1

ロジカルに組み立てようとしても 最後の決定は感覚なんでしょうね。 感受性やセンスの賜物でしょうね

1人がナイス!しています

0

そもそも音楽は非論理的です。それを先人の音楽家や学者が体系化して論理化してきました。まず音の高さを区切らないとドレミという概念はありません。そういう意味で音楽家はある意味科学者で、音楽は発展を続けてきた科学、ロジカルといえるかもしれません。 しかし音楽という概念が現代では拡大しすぎて、街の雑踏や下手くそなピアノでさえも音楽と見なされます。 ロジカルで考えられるようになった音楽のその先、ロジカルで理解できないものまで含んで、結局ロジカルとかあってもなくても関係ない、ってところまで来たのが現代の音楽だと思います。