大雪の中、電気自動車で立ち往生したら命取りですか? 今年の冬は各地で大雪、高速道路上でマル一日以上立ち往生が続出。

補足

皆様、回答ありがとうございます。 環境に優しいからと言われて100%電気でしか 動かない電動自動車の恐怖。 このような高速に立ち往生する人たちは 誰だってまさんこんな長時間の立ち往生なんて 思っていないし突っ込んだ時にはすでに 満充電の何%残っているでしょうか? 電池が切れた車内 マイナス10度 毛布やカイロをたくさん用意している人が どれだけいたとてもそれだけで生き抜けるのでしょうか/ こんな事故や災害を聞いても皆さんは電気自動車乗りたいですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私が一番心配していたことに対する的確な回答ありがとうございます。 他の皆さんの回答はサバイバル 電池切れでも毛布やカイロでマイナス10度でも長時間OK なんて言ってる人達のすごさには驚きました。 政府が推奨する電気自動車 ガソリン車が無くなったらせめてハイブリッドですね。

お礼日時:1/21 8:53

その他の回答(12件)

0

EVの普及そのものが夢物語に近いはずです。政府が言わんとすることはハイブリッド主流にしたいだけですから。 ただ、EVが増えてくると社会問題になるはずです。豪雪の立ち往生だけではありません。 地震の停電。電気自体の復旧は数日から1週間かもしれませんが、地震ではもれなく家屋が半壊します。EVの充電はできません。携帯みたいに公民館ではコンセントを貸してくれませんから。現状では家が壊れてもガソスタに行けば給油できます。熊本地震でも家の中は余震で怖くて住めず車中泊する人が多かった。 水害。豪雨にしろ津波にしろ、車は流されてぶつかってグチャグチャになります。そのとき漏電は発火するリスクを考えると恐ろしい。もちろん家が浸水したら車の充電なんてしばらくできません。 とにかく毎年どこかで災害が発生する日本で送電線に頼ったEVは難しいのは間違いない。ガソリンとかLPガスはローリーとかボンベで運べるのです。そして何万カ所ものインフラがあるうえ、世界一厳しい消防法で災害に強い施設になっています。グローバルな流れは避けられませんが、日本は日本の事情を踏まえないと大変なことになりますね。

そうそう、電気100%の車は充電できなければアウト。 自然災害だけじゃなく電池切れはよくあることでしょうからね。 環境にやさしいなんて甘い言葉で乗るには怖すぎます

0

毛布、カイロなど持ってれば別に問題ないです。 電気使わなければ電池切れなどにならない。

0

あの事象は稀ですがね、充電の量にもよりますが。 100%ならセーブすれば2日は持つとたしかニュースでやってましたね。 ただ、残量次第だと思いますが。 一番はブランケットを装備かな。でも怖いよね。

あの高速に到達した時点で電池残量100%の車なんて ありませんよね 氷点下10度以上の極寒でもあなたは何時間生きられますか? ブランケットさえあれば寒くないのでしょうか?

0

リーフって一般家庭2~4日程度の電力供給が、出来るんだろ? ヒーターだけならむしろガソリン車より余裕なんじゃないか? 一酸化炭素中毒で死ぬリスクも無いし、定期的に寒い雪かきをする事無く、車内で温々だからはるかに安全で快適では?

それは満タンに充電した直後の話。 あの高速に到達した時点で電池残量100%の車なんて ありませんよね?_ 更に氷点下10度以上の極寒でも あなたは何時間生きられますか?

0

高速道路の本線上なら、仮に燃料切れ(もしくはバッテリー切れ)で自動車がただの箱と化したとしても、雪崩などに巻き込まれる可能性は低いでしょう。 暖房が一切使えないとしても、山中で遭難してビバーク(野宿)するような状況なんかに比べれば、車内なら風雪からしっかり身を守れるので、考えようによっては備え※さえあれば楽勝です。 ※寝袋と1日分程度の食料(ジュース数本と菓子数袋でもなんとかなる)を積んでおいて、あとは気合いあるのみ(?)