投資信託についてです.

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

1

ケースバイケースです。 投信も、基本的に有価証券投資を目的としなければなりませんので(注:投信法の定めによる)、現金保有を多くすることには消極的なファンドが多いです。 ただ、以下に紹介したファンドに限らず、ファンドマネジャーの見通しで、現金比率を高めるファンドはありますよ。 https://moneyworld.jp/news/05_00029478_news 注意が必要なのは、究極的には、ファンドマネジャーも、個人投資家も、上昇傾向・下降傾向を正確に事前に掴むことはできません(ご存じと思いますが。)。 ですので、逃げ遅れや、あるいは上昇に追従できないという場合も発生します。 それから、投資信託では、最大でも現金化できるのは、ポートフォリオの半分程度までです(法令の定めによる。)。 もしあなたが、自分の方が正確に株価動向を予測できると信じる立場に立つのであれば、売却した方が、トータルのリターンは向上することとなります。

1人がナイス!しています