ID非公開

2021/1/15 15:54

77回答

センターラインの、白の実線と黄の実線はどう違うのですか?

補足

どちらも右側をはみ出して通行することに変わりはない ではなく、 どちらも右側をはみ出して通行してはいけないことに変わりはない の間違いでしたm(_ _)m 学科の予習で教科書を読んでいたのですが分からなかったため質問しました。

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

センターラインに引かれている線は、車線境界線と言います。 白線ははみ出し禁止、黄色線は追い越しのためのはみ出し禁止を表しています。 白、黄色線が二重に引かれている場合、次のように解釈します。 左側が白、右側が黄色の場合・・・・ 線の左側を走行する車両は、白線の指示に従います。 線の右側を走行する車両は、黄色線の指示に従います。

0

>学科の予習で教科書を読んでいたのですが分からなかったため質問しました。 テキストのしっかり記述されていると思います(すでに回答している人もいるので、白と黄色の区別の説明は略)

0

黄色線は追い越しのためのはみ出し禁止です。 駐車車両など障害物をよけるためならはみ出し可です。 白実線は一切はみ出し禁止です。 つまり白実線の方が規制が厳しいんですよ。

0

大丈夫なのか?教習で習うだろうに。 白の点線と黄色の線が2本センターにあることもあるが

1

白実線 基本的には道路の片側の幅が6m以上のところに引かれる、その場合ははみ出して追い越ししてはいけない(はみ出さずに追い越すのはOK) 例外として道路の片側の幅が6m未満の道路に標示されている場合は、右側にはみ出しての追い越しが可能だが、以下の条件に該当する場合に限る。 道路の右側部分を見とおすことができ、反対方向からの交通を妨げるおそれのないときで、左側部分の道幅がその車両の通行のため十分でないとき。かつ「はみ出し禁止」場所でないとき。 実際の道路だと、白破線から白実線に変わるところは見通しが悪いところや交差点、横断歩道の手前など追い越し禁止になっている場所で引かれることが多い 黄色の実線 追い越しのためのはみ出し禁止

1人がナイス!しています