バイクの知識がゼロに近い大学生です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

念のため、 レッドバロンの修理保証は、悪いモノではなく、あくまで、パーツ入手のための一つの選択肢でしかないという意味です。 自分は、83年式のバイクをバロンで購入して、バイクライフを楽しんでいます。

その他の回答(15件)

1

旧車に数百万円かけられるかどうか。 多分、大学生でもアフィカスでもやってないと維持は無理でしょうね。 自分で直すにしても部品がそもそも少ないから競争。 ワンオフで作ってもらうなんてほぼ無理に近い。

1人がナイス!しています

4

私が所有しているCB400(NC36)も 約20年前のバイクになりますが このバイク「ですら」修理パーツが手に入らず、ヤフオクなどでは純正部品は高額で取引されております この20年前のバイクでもエンジンが掛からないなどのトラブルに見舞われ 幸い整備の知識と整備をできるだけの工具があるためなんとか切り抜けておりますが、愛だけではなんとかならないことを考えると売却を検討しているところです 旧車の維持は本当に大変ですよ

4人がナイス!しています

1

GB400 ああ これか なつかしい。 30年も前のキャブレター車なんか よく乗る気になるね? 知らないって 怖い。。

1人がナイス!しています

1

旧車に乗りたいのですね。先日、ヤマハのRD400に載っているかたとお話をしました。私はHONDAばかり乗っているので、ヤマハのことは、詳しくないのですが、遠乗りするには、不安があるとのことで、セカンドバイクなのだそうです。つまり、2台持ちということです。2ストということもあり、まだメンテは何とかなっているとのことでした。古い4ストのバイクで一番怖いのはオイル上がりでエンジンが焼き付いてしまうことです。エンジンをかけた時にオイルが燃えている匂いがしたら、オイル上がりの可能性があります。 旧車に乗りたいのであれば、ご自宅から近くで旧車でも面倒を見てくれるバイク屋さんがあると安心です。わたしの家にも大切に乗っていてきちんとメンテをしていた1990年代のバイクがありましたが、信頼しているバイク屋さんと相談したところ、修理部品の欠如と代用部品がないとのことで、手放した方がよいとのことでした。ただし、責任を持って再販できないとのことだったので、大型バイク店に買い取ってもらいましたが、結構良い値段での買い取りに少し驚きました。旧車は、こうやって出回っていくのかもしれませんね。 現行のバイクはあまり種類がないことから、かつてのバイクブーム期のバイクが魅力的に見えますよね。ただ乗りたいバイクに乗るのは楽しいのですが、それなりの覚悟が必要になりますね。私は、キャブ式のバイクにずっとこだわっていましたが、手間と時間を見出せないことから、今では電子制御式のバイクに乗っています。 バイクのメンテが好きな方、乗ることが好きな方、所有していること自体を楽しむ方と色々かと思いますが、所有するバイクのことをしっかりと理解しなければならないことが、一番大切ですね。 ところで、バイクの智識がゼロということですが、バイクの免許は、お持ちですよね? 楽しいバイクライフを送られることを願っています。

1人がナイス!しています

1

30年以上も前のバイクです。 要するにあらゆる手間がかかるというコトです。 あらゆる手間とは、まさにナニが起きるかわからない、というコトですので、バイクに限らず有事の対応力に自信がないなら、またエンスー的な愛がないなら、後悔するコトの方が多いと思います。 後悔も勉強のうち、というならレッツトライですけどね。

1人がナイス!しています