直火禁止の直火って何? キャンプ場で直火禁止ってありますが、直火って何でしょうか?

キャンプ、バーベキュー110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

2

地面に【木を地面に置いて燃やす】=【直火】ということが分るならば、 なぜ【木を地面に置いて燃やすのがダメなのか】を理解すれば、 【一斗缶を地面に置いて焚火する行為は限りなくNGである】 という答えは、 わざわざ人に聞かなくても自身の頭で理解できます。 ですから、まず、 なぜ直火はダメなのかを調べてください。 それでもこのような屁理屈がまだ出てくるのなら、 あなたにこの言葉を贈ります。 「見て分からん者は、聞いても分からん」 あんたは【焚火禁止】w

2人がナイス!しています

0

一斗缶の断熱性能が100%なら直火になりませんが そんなものは無いので、熱が伝わり駄目ですね。 一般的に直火禁止となっている場合は、焚火台の使用 が最低条件です。 地面から数十センチ火床が離れていることが条件。 有名なスノーピークの焚火台は、輻射熱で芝を焦がす ため、途中から遮熱版が用意されるようになりました。 芝生の場合は、道具類も含め一切禁止である事も多い。 焚火は、管理側が指定した条件でしか成り立たない遊び。 やりたいからやる。は一切通用しない。

0

その場所に確認してくれとしか。 貴方のように重箱の隅をつつく方がいるので明確に地面に熱が伝わらない器具を使うようにと案内するところも増えています。 特に芝生の上だと火の形に枯れます。芝生の管理ってかなり大変なんです。 砂地や土で禁止している所は土中の生物に配慮してとか実に胡散臭い自然団体(笑)のようなもっともらしい理由書いてますが大概は炭や灰を散らかしていくからです。また消防当局でも無届けの直火での焚き火はしないように指導しています。 火は正しく管理しなければ他者の財産や命を焼き尽くす。枯草の野原にマッチ一本落とそうもんならサッカー場一面くらいはあっという間に燃えますからね。

いえ、何も重箱の隅をつ突くような意味はありません。 ただ直火禁止って言っても、 後片付けや火の管理目的なら足は不要 地面への熱の影響とかならある程度の足の長さが必要じやないだろうか? っていう意味です。 ルールをしっかり守ろうと思うからこその意味を調べていると思っていただけたらありがたいです。   1人キャンプの冬デビューは厳しそうなので春を狙っています

0

直火とは、地面に熱がいくことで、芝生が焦げたり、植えていた樹木が根っこの上で焚き火をやって、枯れてしまうことと灰や炭等を放置してはいけないと言う意味があります。 実際、桜の木の根っこの上で焚き火したり、木の幹でやっていた人がいたと言うニュースを見ました。 簡単に言うと、近所の綺麗な普通の公園で焚き火(直火)でやったらいい気持ちはしないでしょ? それと同じことです。 そこに焚き火台等を設置していい場所(キャンプ場)だと思えば、分かりやすいかな。 つまり1斗缶を直接地面に置いたら、熱で地面は焼けるよね。 もしやるんなら、台を置いてその上でやる、さらに地面に耐熱シートを敷くなどの考慮が必要。 ちなみに、すべてのキャンプ場が禁止では無いですが、最近はキャンプ場の美化のために禁止にしているキャンプ場が増えてますね。 マナーが悪すぎて、やっちゃダメな場所でやったり、その辺(テントを張る場所に)にゴミや炭を放置している輩が増えたからね。 誰か一人ががあり得ない事をすると、禁止だけじゃなく、閉鎖までになってる事を考えると意外と重大なんだよね。 真似をする人がいるし、今はInstagramとかSNSで情報を発信して、あそこは出来るよみたいな事を言っちゃうと必ずしもいい人ばかりじゃなく、とんでもない人が来ちゃうしね。

0

直火禁止の主な理由は地面への熱ダメージ回避です 芝生がしいてある場合はもちろん芝生が枯れてしまいますし 何もない地面であってもそこにいる虫や微生物は死んでしまうし 土壌の変質が起きますから、長期的に見ればそこに環境的な 負荷を与えるという事になります 逆に言えば そういう影響を与えないよう工夫する必要があるという事です 一斗缶の中でやったとして 足がなければどういう事が起きるか? 想像すればいいか悪いかはわかるんじゃないでしょうか