ID非公開

2021/1/17 7:29

88回答

初のK2冬季登頂 ネパール人登山家達成 こんなニュースの記事を見ました。 別なものに例えるとどれくらい難度が高いのですか?

登山 | 観光地、行楽地237閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/17 13:49

回答ありがとうございます。 実際アタックして、断念するしかなかった状況を教えていただけないでしょうか、 仮にもう一度アタックするチャンスを貰えたらやってみたいでしょうか、 運命共同体でパーティー組んでくれる人を集めるのも大変だと思います 功名心だけで群がる輩はすぐに見透かされますよね、 宇宙飛行士選抜のように最善の判断が出来る人選はどうやって決めるのか興味があります

その他の回答(7件)

0

皆さん専門的な回答なので俗っぽい例えを エベレストが文系の東大大学院終了 K2冬季がノーベル賞

ID非公開

質問者

2021/1/17 14:52

回答ありがとうございます。 俗っぽい例え 嫌いじゃないです^^

0

興味がない人には必要ない情報です。 一番必要なのは、プロジェクトの遂行力。 人材と資金を集める能力です。

ID非公開

質問者

2021/1/17 9:55

そうですね、 そうやって切り捨ててしまえば済む話 だからニュースで登山事故が揶揄されるのかと思いますよ

0

別なものに例えるのは難しいことですね。 世の中一部の人にしかできない難しいことはいくつもありますが、命がけのものはそう多くないので。 K2のような高山の冬期登山は命の危険も顧みないプロにしか志せないし、多額の資金力と支援が必要。そのなかで一部の人にしか達成できないので、本当に難しいことだと思います。 まず大半の人がスタートラインにも立てないので。

ID非公開

質問者

2021/1/17 9:50

回答ありがとうございます。 一つだけ気付いたことがありました それは、今まで裏方だったネパールガイドが初登頂を果たしたこと これは何を意味するか 彼らは貧乏でスポンサーなんかの支援もほぼ無いかと察します と言うことは... 世界に名だたる冒険家はヤバいっすよね^^ 名誉を金で買っていた 冒険家の皆さんの反論を聞きたいです

1

技術体力天候は当たり前として、立て続けに起こる雪崩や落氷を掻い潜っての登山なので、確率の問題が大きいと思います。 K2なんて自分に登れると思っていないので実際どれくらいかわかりませんけど、ロシアンルーレットを50回連続で成功するとか、そんなレベルの話しではないかと。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/17 9:20

回答ありがとうございます。 競馬とかギャンブルなら「運」は大きく作用しますが、登山はルートの選択を間違えたと思ったら撤退も選択肢かと 競馬で言えば毎回全点賭けすればいいのではないでしょうか、 全部の出目を買う 登山ルートも考えられる全てのルートで潰していけば良いのではないかと思いました ですから、ワンパーティーに拘る必要は無い 大名行列の登山は??と私は思います。

1

山に興味が無い方でも目に入ってくるくらい凄いということだと思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/17 9:14

回答ありがとうございます。 どこが凄いのか 何が凄いのか 登山に挑戦する人 それを伝えるマスメディアがキチンと説明するべきだと思います 言葉は悪いですが、日本で登山の事故で亡くなる方がいたら多くの人から非難されます 登山に対する哲学をちゃんと説明して欲しい