中国の話である国の王?が部下?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうです!!ありがとうございます!!!本当に助かりました。

お礼日時:1/18 12:59

その他の回答(1件)

0

晋の文公の話かな。 「世界史の窓」西都から引用。 Episode 「三舎を避ける」 晋の公子重耳は継母の策略にあって国外亡命し、諸国を流浪するあいだに、楚王の世話になったこともあった。重耳は楚王の厚遇に対する謝意として、もしも将来、楚王と戦うことになったら、「三舎を避ける」、つまり三日分の行程だけ軍を退けましょう、と約束した。その後、重耳は晋に戻ることが出来、文公となった。やがて楚王は天下統一の野望に燃えて、軍を北上させ、晋の文公と城濮の戦いで相まみえることとなった。その時文公は、不遇であった若いころの約束を忘れず、戦いの前にいったん退いた。楚軍がさらに攻め込んできたので改めて戦い、見事に勝利した。食うか食われるかの春秋時代の中で、この晋の文公の行動は礼にしたがったものとして称賛されている。<司馬遷『史記』 これによって文公こそが覇者にふさわしいと諸国が従うようになった。