ID非公開

2021/1/18 3:25

55回答

機械工学科に進学すると、数学やら物理やらやりますけど、それらの知識って必要なんですか?数学も物理も全くわからないままだともの作りできないのでしょうか?具体的にどういう風に役立つのか教えてほしいです。

工学51閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ついでに書くと、 よく、「学校で習った事なんて、社会に出ると何も使わないし、役に立たない」という台詞を吐く御仁がいるが、 そういう人間は、 「せっかく学校で習った事を、何も役立てる事が出来ませんでした」と、己のウマシカさを暴露しているだけの残念な人間です。 役立てる能力を身に付けなかったし、役立てようと努力もしなかった、本物の負け組。

その他の回答(4件)

0

メーカーの先輩の言葉 「会社で使うのは高校迄の物理、中学迄の算数」 当時は三角関数は中学でした。

1

基礎教養なのでそれらはあって当然、知識があってもどうという事はないけど、 それらの知識が無ければ機械工学の道には残れないでしょう 機械工学科に進学すると、卒業後にまずはモノ作りの職に就くために役立ちます 数学も物理も全く分からないままだと飲食や介護とかにしか行けないです

1人がナイス!しています

1

工学は実際に現実のものを作るための知識や技術を学ぶものです。 現実のもので例えば自転車を作ると考えると人を載せて人力で動いて道路を走れて止まれなければなりません。 その1つ一つのことは物理や数学で計算され数値化されてちゃんと働くように設計されます。 その設計によって失敗なく目的を達成できるものを作れるのです。 試行錯誤で作り直して完成させていては無駄がいっぱいできて売れる製品を作れないことになります。 職人さんは経験で得られた感覚でモノづくりをしますがそれは数学や物理ではありませんが結果的には同じことを行っているのでできるのです。

1人がナイス!しています

1

設計の第一段階はアイデア出しだが、その思いつきが実現できるかどうかはひたすら物理計算だよ。 20kgの物体を5秒で2m持ち上げるなんて、ニュートン力学の初歩だ。

1人がナイス!しています