ID非公開

2021/1/18 11:30

66回答

昨年の夏から戸建て検討中です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

家の寿命と購入者の過ごす期間とをどう考えるのか? 国やHMは、住宅販売が落ち込むとあの手この手の策や値引きを考えますが、本当に自分達にとって得なのか見極める事 松尾和也著 ホントは安いエコハウス 辺りを熟読して イマの時代に求められる住宅の基本性能について知識を深める 知識を元に、色んな会社の住宅取得勉強会に参加して、色々と質問されればある程度 選別していけるのでは? SUUMO等から始めるのは一番カモにされる始め方なんだろうなと個人的には思います。

0

知識を得る為に、売る側の説明会にいっても意味がないでしょう。 まずはそういうのに参加する為の知識が必要です。 家の性能(断熱、気密、耐震、メンテナンス性等)や工法(+鉄骨なのか木造なのか)、シロアリ対策、外壁材の種類、予算、間取りのイメージ。これらの知識のない状態では、家を探すスタート地点にすら立てていません。 売る側からすれば、ただのカモです。 メーカーも得意不得意があります。 まずは売る側の説明ではなく、YouTubeや本等でご自身で調べるところからスタートです。

0

家づくりは事前にスケジュールを立てて進めないといけません。 提案説明を受けても、設備は毎年型番や機能・価格改定、ハウスメーカー自体の標準仕様設定やグレード、各種助成制度から軽減税率まで変わります。 坪単価等で数社に絞り込んだら、具体的に提案依頼して耐震や断熱性能・外観・間取り・設備内容等を総合的に比較検討する事です。 そして、間取り変更や設備追加等を終えた最終プランで価格提示を受けての選定です。 土地は不動産屋でなくとも、ハウスメーカーや工務店も確保しており、中古や空き家でも木造だと解体は200万あれば十分なので幅広く探してください。

私の場合は土地は所有していたが、15~16社検討して契約までは3ヶ月です。 専門書を3冊購入したが、これで十分にハウスメーカーの営業担当よりは知識が上になります。 なお、営業とは契約までで、契約後は建築士と、着工すれば監督との打ち合わせです。

0

ある程度レベルの高い話をするには、 聞き手の客側も最低限のレベルをクリアしている必要があります。 Youtubeなどでいくらでも知識は得られるし、 土地や建築の法律は本でも勉強出来ます。

0

建築家やろ? 施工費の18パーくらい施工管理費としているんじゃないの? 坪単価聞いてみ?多分びっくりすると思う。