回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/18 15:43

1010回答

小学校高学年、少年野球のバッティングについて。

スポーツ | 野球全般62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(10件)

0

1番最初に回答してる人(カテゴリーマスターさん?)の言ってる事が1番効果があると思いますよ。ピッチャーのモーションじゃなく投げたボールに対してタイミングを取ろうとするから遅れるんだと思います。ピッチャーのモーションに対してタイミングが取れるようになると当たるようにはなるんじゃないかな。スイングどうこうはそれからでしょ。

0

自分のミートポイントをしっかりと持つことが大切です。私自身は左打ですが、前足(右足)の前でボールをとらえる意識を持っています。プロ野球選手が『自分のポイントで打てました・・・』とコメントしているのをきいたことはないでしょうか?自分のポイント(強く打ちやすいポイント)をイメージし、ティやフリーバッティングの際に空振りを恐れず、そのポイントでとらえようと強く意識することです。自分のポイントが強く意識できるからこそ、タイミングが多少ずれても微調整ができるように感じます。練習の際に同じコース、同じ球種、同じ球速の球を無意識にバラバラのポイントで打ってしまう打者は相手投手にタイミングをずらされやすい気がします。まずは自分のポイント(多くの人は前足のあたり)で打てるようにタイミングを意識してください。また、差し込まれてでバットが出てこない場合には、時折、めちゃ軽いバット(プラスチックバット)でゴムボールを打つ等の練習もいいですよ。人間の脳って不思議なもので、素早い動きを覚えさせてあげると体を速く動かせることができるようになります。結構プロ野球等でも軽いバットをとり入れている選手はいます。また、私自身が10年以上前からやっている練習なのですが、右手と左手を上下逆にもってバットを振る練習もあります。これによりバットが走る感覚が得られやすいのとバットのヘッドが下がって極端なアッパースイングになるのを防ぐ効果が得られます。youtubeのトクサンTV『スイングでヘッドが走る魔法の技術』でも紹介されてて、「自分の練習と一緒だ!」と笑ってしまいました。 小学生のバッターを見ていると、ボールの軌道以上にバットが下がりすぎているケースが多いです。いったんバントの構えをしてから、キャッチャーミットに向かってボールの軌道をなぞるようにバットを引いてトップを作り、バスターのように打つ練習をティ等で練習するのもいいかもです。バントの構えによりミートポイントを確認できますし、バットを引くのと同じ軌道で振りますので、コンパクトでボールの軌道にマッチしたスイングも手に入ります。ミートポイントがしっかりしてくれば、流し打ちも引っ張りも容易にできるようになり、練習の際に意識して右や左に打つことができるようにもなります。 さらに、小学生の素振りを見ていると、同じようなコースばかりダラダラと振っている子が多いです。(中高生にもいますが・・・)ボールはいろんなコースに来ますし、突然にバッターの目の前に出現するわけではありません。投手のリリースからキャッチャーミットまでの動線を意識しながら、真ん中高め・外の低め・ど真ん中・内角低め、速い球・遅い球・・・等、1回1回設定を変えてランダムに振ってみてください。いろんな事態を想定し、バットをスムーズに出せるようにするための練習です。 置きティ等においても、ボールばかりをじっとながめてから打つのではなく、投手の投げた球が置きティの場所まで来るのを意識して、実戦感覚で練習してください。失敗や悔しさは自分を成長させるためのメインエンジンです。くさらずにライバル達を超えてみせてください。

0

振り遅れならまだ教えやすいです。 ボールとバットがヒットするポイント、つまりインパクトになります。そのインパクトを投手よりになる前足のところでボールを打つ練習をしましょう。素振りをしてもインパクトがずれていては意味がありません。とにかくボールをたくさん打つ事で必ず覚えます。バッティングセンターに行くのも良しです。

0

素振りはバットを振る力をつけるには効果的ですが、やはり動いてるホールを打つ練習が必要だと思います。 バッティングセンターに通って、遅めのボールをしっかりとミートできるように繰り返し練習するのと、あとは、場所がありお父さんが時間あるなら、実際にボールを投げて上げて打つ練習がいいと思います。 機械が投げるのと人が投げるのではやはりタイミングのとり方等異るので、人が投げるボールをたくさん打ってると段々と分かってくると思います

0

変な話ですが、一度ゴムボールとプラスチックバットを使って 打たせてみて下さい。 バットが重すぎて振りが鈍く、遅れているのかも知れません。 小学生くらいだと、金属バットと言うのは意外と負荷の大きいものです。 軽いバットでは当たるし振り遅れない、と言う事であれば 金属バットを軽いものか、バランスを手元に近いものに変えれば 改善するかもしれません。