ID非公開

2021/1/20 14:12

66回答

月の裏側が地球から見えないのは地球の自転周期や月の自転と公転周期がぴったりと合致して見えないのですが、単なる偶然なんですか?

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

地球の自転とは関係がありません。 月の公転周期(地球を回る)と自転周期が一致しているために起こります。 月面の同じ地点の真上にいつも地球が来るように自転公転しています。 長いことそのような状態のため,月の重心は地球に近い側になってしまっています。 そのため,公転と自転がずれようとしても,地球の重力で自転が戻されるために公転と自転が一致してしまっています。 偶然ではなく,衛星ではよくあるパターンです。

1

月と地球は自転の方向が一緒です。ただ、地球は1周するのにたった1日。対して、月は1周するのに27.32日もかかります。 さらに、月は地球を中心に公転しています。月が地球の周りをグルっと1周するまで27.32日。 ここであることに気づきませんか? そう、月は自転と公転の周期が一緒なのですよ。 我々が月の表側しか見ることが出来ない秘密はここにあるのです。 偶然にしては偶然すぎるのは、何者かが月を作った可能性が0ではないからなんです。

1人がナイス!しています

1

大嘘を教わっているのです。 これの底を眺めているのです。

画像

1人がナイス!しています

0

偶然ではないです。 地球の引力により月が楕円形になることで、同じ面が地球に向くように月の自転速度に潮汐力が働きます。 同じ現象は地球以外の惑星の衛星でも確認されています。