草刈り機で使用する混合ガソリンの保管容器について教えてください。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多くの回答をありがとうございました! それぞれに参考になる貴重な回答で、色々と勉強になりました。 今回のご回答を参考に、今後の混合燃料の作り方や保管について役立てていきたいと思います。 皆さん、本当にありがとうございました。

お礼日時:1/23 12:33

その他の回答(6件)

2

基本的に保管がしづらいのは混合燃料ではなく 元のガソリンです。 ガソリンは外気にさらされていると気化するために すぐに使えなくなります。 混合容器で気密しても樹脂容器だと3か月くらいが限界です。 金属製の携帯缶ならもう少し持ちますが 半年は無理でしょう。 既製品の混合燃料は揮発しにくいものを使っていますので 容器の気密さえしっかりしていれば製造後2年持ちます。 今回のように中栓が破損してしっかり気密出来ない場合は 長期保管できないと思ってください。 とにかく混合燃料は必要以上に作らないことですね。 面倒なら既製品をお買い求め下さい。

2人がナイス!しています

0

頻繁に使わないんであれば、ラップを何枚か重ねてねじを締めこめばいいんじゃね? #毎回パッキンのラップは替える

0

中栓がないということはほぼ気密性がないと考えた方が良いでしょう。 今の真冬の気温ならまだしも、陽気が良くなってくると混合ガソリンの温度が上がり、内圧が上がりますよ。 というか、気密性がなければ内圧も上がらないと思いますが、混合用の樹脂製の容器で短期間でも保存していると良く分かります、容器が膨らんで。 こういう圧に耐えられないと思いますがね。4・5日で飛んでなくなるということはないにしても・・

0

確かに厳密に言えば、中蓋が無くなりますと、ネジ付きの蓋になりますので、気密性では劣りますので、気化して多少はガスとなった分はもれます。 保管場所が「温度変化が少ない」場所であれば、缶を逆さにして置くのも方法です。 多少はガスとなって気化したとしても、オイル濃度が多少は高くなっただけであり、使用には何も問題はありません。 家人が、50:1用のオイルを二倍にして居れましたが、何も問題が無かったのと同じです。

1

キャップの内径と同じサイズに、ゴム製の何かを切って閉めれば気化しませんよ。 たとえ気化しても、25:1でもエンジンは掛かります。 50:1のエンジンに、25:1の混合油を入れて使ってますよ。

画像

1人がナイス!しています