宇宙ってなんでこんなに広いの。 頭で考えて一番遠くはどこまで到達してますか。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

2

頭で考えて宇宙の広さは無限だと思います。 今の科学では宇宙が空間もなかったのが現れ広がっているとしているので、空間の限界があります。 しかし私は空間の広がりに限界を感じません。 広がっているという概念さえ浮かびません。 空間は元からあっただけです。 さて宇宙全体が見えていて、銀河の群れが広がって行ってます。 ところで銀河系と言うのは、ここにある天の川銀河だけです。 昔から天の川が見えていて、これが恒星の集まった集団である事が分かったのは可なり後の事です。 そして宇宙の範囲はこれ位だと思っていて、その幅が10万光年だという事で、その頃私は宇宙は大きいものだと思ってました。 ところがアンドロメダ星雲というのがあって、これはガスの塊のようなものだと思われれていて、雲のようだという事で星雲という名前でした。 ところがこれが何と驚くなかれ、天の川銀河の外にあって、この天の川銀河と同じような恒星の集まりだというのが分かったのです。 それでこれは星雲ではなくて、別の銀河だという事になったのです。 こういう事で我が天の川銀河は、このような言い方にされていて、そして銀河系とも言われてます。 それで銀河系というのは、ここにある銀河だけです。 外のアンドロメダ銀河も含めて、その外に見つけられたものは単に銀河と呼ばれてます。 この銀河が観測で何千億個も見つかってます。 それが広がってあるのは泡状になっているという事です。 まるで泡面の上に銀河が並んでいるようにあって、この面上ではないところは空間だけで、幅が1億光年もあるようなのが普通です。 もう銀河は渦状やレンズ状等の姿で川(河)のイメージから外れてますが、昔貰った名前のまま使ってます。 ところで科学で恒星や銀河が出来たのは、周りの物質が集まって出来たとしているのですが、これでは銀河が大量に集まって来ても、泡状になりません。 それで泡状になる為には、見えない物質がそれがダークマターと言われているのですが、これを見える物質の5倍も多く入れると泡状になるという事が分かったのです。 ところで私は全く宇宙を別の見方でしていて、そして銀河も恒星も出来たのは周りの物質が集まったものではない考えをしてます。 これらは宇宙全ての物質が集まる時があって、その圧縮密度で全てが跳ね返ったものから、別れ出たもので銀河、恒星になったというものです。 これでは銀河の群れは自然に泡状になります。 こういう事で回答しているので載せてみます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13228201453 上を辿ると1987Aと言うのが出ないのですが、それは下を入れ替えて下さい。 https://hubblesite.org/contents/media/images/1995/49/374-Image.html ブラックホールですが銀河の中心が実際に写し出されたという事で、上で現実に黒い丸でニュースで流れた話題を載せました。 そして我が天の川銀河でもそうであろうという事が、証拠で出ていると言われています。 それがこの中心で、恒星が何もないと思われる所を公転しているのが観測されているからです。 それでブラックホールは光さえ出ないとされているので、あたかも何もないようになっているので、これを観測していた科学者は、そこにブラックホールがあるから何もないように見えているのだと言っていて、銀河の中心にこれがある証拠としてます。 ところが私はそうではなくて、そこが空間だけなので本当に何もないのだと上で語りました。 丁度台風の中心が目になって、何もないのと似ている事で説明しました。 私の考える銀河は最初から熱の塊でしたが、外に恒星の群れを押し出して行ったので、最終的には出て行く恒星が多かった為に、中心の物が持って行かれたので、そこが空間だけになったのです。 それでもその中心で恒星が公転していたので、例えそこが空洞になってもそこにあった恒星はそのまま回り続けていました。 何もない所を回って見えている事になります。 ブラックホールがそこにある訳ではないのです。

2人がナイス!しています

1

広いことに理由はありません。人間が小さいので、それと比較して広いとは言えるけど、広い狭いは主観なので、それに理由はありません。 人間が最も地球から離れたのはアポロ計画で行った月への往復。約38万キロほど遠くまで行った。 宇宙の広さとうなら観測可能なのは138億光年くらい先までが限界。 そこから計算される実質的な宇宙の大きさは430億光年だけど、その先があるかどうかはわからない。

1人がナイス!しています