回答受付が終了しました

40年勤めた公務員の場合の職域加算と退職等給付金の1ヶ月の平均的な金額は2万円くらいなのでしょうか?

年金65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(1件)

0

2015(平成27)年10月1日より、被用者年金制度の一元化が実施され、公務員等の共済年金(国家公務員共済年金・地方公務員共済年金・私学共済年金)は厚生年金に一元化されました。保険料や給付の平等化が目的です。そのために共済年金では、職域加算部分が廃止されて新たな制度に移行したり、年金額・支払額の端数処理の方法や在職支給停止の計算方法が変更になるなど、いくつかの変更が生じています。 職域加算分(3階部分)が廃止され新たに「年金払い退職給付」が創設されました。 平成 27 年 9 月までの組合員期間がある方については、その期間に応じた職域部分の年金が経過的職域加算として支給され、「年金払い退職給付」の特徴は、現在の職域部分が、現役世代の保険料収入で受給者の給付を賄う「賦課方式」であるのに対して、将来の自分の年金給付に必要な原資を自分の保険料で積み立てる「積立方式」であることです。 平成 27 年 10 月以降の組合員期間については、「年金払い退職給付」として別に支給されることになります。 従って組合員の加入年数により受給金額は違いますし、年金の受給権発生以降、2階部分を老齢厚生年金、3階部分を退職共済年金(経過的職域加算額)として、それぞれ受給することとなります。