SSDのシールが断熱材になるらしく、保証なくなるリスクを負っても剥がすべきか迷ってます。どう思いますか? ちなみに僕は970evoってやつです。

周辺機器 | Windows 1026閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ですよねーw 正直面倒で見てませんが皆様はがしてないみたいなので放置します 僕は金銭的にHDDとSSDにしましたが、 FAN増設してHDDに直風あたっていい感じです

その他の回答(5件)

0

実際温度くらい測ればいいと思いますけどね。 USB-SSDみたいなのだとS.M.A.R.T.にも対応しないものがあって 温度も拾えなかったりするものがありますが たぶんSATAやNVMeのSSDには そんなものは無いんじゃないかと思います。 うちの先日買ってきたNVMeのやつは普通に読み出せています。 $ sudo smartctl -a /dev/nvme0|grep -e Model -e Temp Model Number: WDC WDS250G2B0C-00PXH0 Warning Comp. Temp. Threshold: 80 Celsius Critical Comp. Temp. Threshold: 85 Celsius Temperature: 35 Celsius Warning Comp. Temperature Time: 0 Critical Comp. Temperature Time: 0 80で注意、85でやばいということですから 70度なら安心と言って良いのかわかりませんが (HDDは50度を超えるとまずいっぽい話があります) 35度なので、全然余裕だと思っていますし ヒートシンクとか冷却性を考える必要も無いと思っています。 ただ、これだけ冷えているのはCPUの脇にソケットがあって CPUクーラーの風で一緒に冷やされているからです。 SATAのものだと、取り付ける場所が悪いと 風の流れが悪いことはあるので シールのことを考えるくらいなら 風の流れのほうを重視したほうが良いと思います。 ノートPCの場合は融通が効きませんが 一度試してみないとわかりません。 筐体との接触面が少ないため冷えないような場合 ノートPCのHDD/SSDはほとんど風があたらないので シールを剥がすよりも、筐体と密着させるほうが 効果的に放熱できる場合もあると思います。 まぁ隙間をどうやって埋めるかはまた別の難題ですが 個人的には、ノートPCなんかで 高性能を追求しようということ自体むりがあるので ある程度のところで妥協するのも一案です。

UNIX系はコマンドで何でもするから便利ですね。 WIN10もできるだろうけど何か面倒だ… かといってUI操作調べるの面倒だし、UEFI戻るの面倒だし 次回起動時覚えてるかわからないしダメ人間だな… 良かった、言う通り剥がさずFAN増設してHDDに直風あててました。 ATXケースのH26なので余裕もありそうです。