ID非公開

2021/1/21 10:55

66回答

今から12~3年ほど前にスキー1級を取得したのですが、ほぼ10年ぶりにスキーをしたら小回りでお釣りが来ます。両足が綺麗にそろいません。前はそんな意識しなくても滑れたのですが加齢による筋力の低下ですかね。それ

スキー101閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

jijさんの仰る通り外足のような気がします。実は私も、あまりやらないコブのバンク滑りをすると、チラチラ出てしまうことがあります。 まずシュテムターンやって見てください。内板の引き寄せが軽く行かないのは外足に上手く乗りきれていない時で、これは内倒している場合があります。 内板のテールを上げて外足だけでのターンで修正してください。内足くるぶしを外足踝に合わせる意識もいいでしょう。 また、ターン指導時に内足の膝を外に回す(がにる)のバリエーショントレーニングを組み合わせたり、左右同時回旋(x脚に注意)の意識も良いかも知れません。

0

スキーは両足です。 内足を変に操作することは有りませんし、外足を変に意識することもしません。 小回りなら両足が喧嘩しないように、一枚の板を操るように意識するくらい。 揃わないのは、内足荷重過多なのでは? 内傾過多とも言います。 内足荷重過多になると内足を回旋させるなんて操作出来ませんし、外足は逆に軽くなるので回りすぎることで揃わないとなってません?。 速度に対してイメージ以上に内側へ体を運び過ぎてるのでは? そういうミスマッチは誰でも普通に有りますから。 それを修正しながら滑るのが小回りとも言えます。 それからお釣が来るって、もっといい意味で使いません?

3

練習として内足の回旋を意識したこともありましたが、今は意識していません。 質問者さんの滑りを実際に見ていないので想像だけですが、両足が綺麗にそろわないのは内足の回旋ではなく、逆に外足の回旋を急ぎ過ぎているのではないでしょうか? 自分で板を回そうとするとそうなることがあります。 むしろ切り替えからワンテンポ間を置いて外スキーにしっかり乗ってからターンを開始する意識を持たれるとよいような気がします。 前にも述べたようにあくまで想像です。 また、少し間があいたので調子がでないということかもしれません。 間があかなくてもシーズン初めには調子がでないことがあります。 滑りこまれたら戻るのではないでしょうか。 加齢による筋力の低下ということはないと思います。 私は、年が明けて数えで傘寿になり、去年はコロナが怖くてジム通いもしてなかったので、どうかと思ってましたが筋力は問題ありませんでした。

3人がナイス!しています

0

こんにちは! おつりっていうのがわかりませんが 内足は操作してますよ!

0

ターンの終わりにスキーが体から離れ過ぎなのではないでしょうか? 前半から中盤は離してもいいと思いますが、 後半から切り替えはスキーを体の下に戻してあげたらスムーズです切り替えできると思います。回旋はターンサイズによってかと思います。