ワクチン接種にマイナンバーを使う案があるようですが、私は疑問です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:1/22 12:29

その他の回答(4件)

0

今回のワクチン接種でマイナンバーを使うとしてもカードは提示させないはずです。そもそも2割程しか所持していませんので。役所で受付名簿と紐付けするのでしょう。

1

選挙人名簿は20歳以上ですから16から20までの人が困ります。マイナンバーといってもカードではなく、国民全員に割り振られている番号そのものですから、何も心配ないと思うし、マイナンバー付きのクーポン券ということになるのではないでしょうか。

1人がナイス!しています

1

接種時にマイナンバーカードを出せとか、番号をかけとか、そういう話では、全く、一切、全然、ありません。 最終的なシステムがどうなるか不明ですが、基本的には、住民基本台帳に基づいて、予診票やクーポンを発送し、それに基づいて行います。 クーポン券には、住所氏名・券番号やOCRコードが付与されており、それで接種したかどうかを確認します。 その上で、そのデータをマイナンバーに紐付けて管理するのです。 つまり、接種を受ける側は、マイナンバーもマイナンバーカードも、まったく必要ありません。 マイナンバーを意識する場面はおそらくないでしょう。 もしかしたら、ネット予約でつかうかも、という程度じゃないですか。 単に、誰が接種したのか、また、長期期な副作用の追跡データ管理に、住民基本台帳記載の住所氏名年齢ではなく、マイナンバーを使う、ということです。 データ処理から言えば、どちらも単なる数値データでしかなく、まったく同じことです。 けれど、住所氏名だと、引っ越したり結婚したりすれば、データが変わり、更新・追跡が困難になります。 マイナンバーなら、簡単かつ確実に追跡できます。それだけの話です。

1人がナイス!しています

なお、マイナンバーカードを使えば、全国いつでもどこでも好きなところで、空いている場所、空いている時間に接種し、管理することは、原理的には可能です。 本人確認も、カードをリーダーにピッと通せば完了。クーポンもいりません。 自分がいつどこで打ったかも、スマホから、簡単に確認できます。 希望すれば、2回めの接種が必要なタイミングで、自動的に通知で知らせてくれます。 もちろん、現段階では、そういうシステムにはなりません。 ただし、ワクチンを毎年、定期的にしなければならないようなら、将来的にはそういうシステム導入が検討されるかもしれません。

0

官公庁に半年だけ!の契約をしたのですが、その間も家族分も調べていて「未発行」と記され、作れ、作れ!って言われましたが、どうせ半年しか勤めないんだし、、と作りませんでした。定年まで働かせてくれるなら言うことを聞いたかもしれないけれど、、運転免許あればあんなもんいらないし、ただ税金の掌握だけのためならやなこった!と思います。高齢者は尚更先が短いし~と作る気もない人が多い気がします。