配当金/確定申告について 主人のゴミ箱から「特定口座年間取引報告書」なるものを見つけました。

税金 | 株式165閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/1/21 17:49

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変分かりやすい回答をありがとうございます。 「何事も体験!」 そうですね。チャレンジしてみます。

お礼日時:1/22 1:59

その他の回答(3件)

0

特定口座年間取引報告書なら、分離課税で源泉徴収なので、 手続きは不要。 でも、総合課税を選べば、ちょっぴり所得税は戻ります。 でも、手続きを間違えると住民税負担が重くなるだけだから、 止めといたほうがいいかもね。

1

確定申告は不要でしょうね。 配当で 20.315%源泉徴収されているものは 確定申告不要です 配当等の額 101,685 で 源泉徴収額 15,547 配当割額 5,080 だと 20.315%源泉徴収されています。 でも、確定申告も可能です。 その場合ですが 所得税率が 23%までの場合は、還付があります。 給与所得控除後の額 ー 所得控除の額の合計額 + 配当の額 が 900万までだと還付はあります。 ただし、住民税でも 申告して 申告不要制度をしないと 住民税は損をします。 ※ 還付されるのは 税率20%の場合だと 5%程度なので、 そう大きな額ではないです。

1人がナイス!しています