回答受付が終了しました

「SDGs13」について調べているんですけど、日本政府が地球温暖化に向けて対策していることとは何ですか?

地球温暖化 | エネルギー政策22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(2件)

1

→ 今?ですか?今は、『お金儲け話!』に夢中になって、対策の中身?なんか何処かへ置き忘れてしまったんでしょうね!困った連中ですよ!詐欺ばなしに夢中になってしまってるよ!お金儲け?が一番みたいな連中ですよね?

1人がナイス!しています

0

二酸化炭素ガスによる 地球温暖化効果の実験的検証Ⅱ-福岡工業大学 と検索すると実験結果が一致し、温暖化原因は二酸化炭素です。 よって二酸化炭素を削減しないと気温が上がりぱなしとなり実際そうなってます 二酸化炭素削減しかありません。 物理が苦手な方は、以下でも温暖化は二酸化炭素であることが解ります。 昔は二酸化炭素が多く、今は二酸化炭素が少なくて気温も下がって恐竜もいないから、二酸化炭素しかないことは解ります(太陽活動はかえって上がってるから、他に説明しょうがない)歴史全て見ても一致してます、以下を見ても良いでしょう。 http://www.isee.nagoya-u.ac.jp/50naze/ondanka/6.html 昔から二酸化炭素と温暖化との関係の確率は95%以上と言われておりこの論以外の可能性はどうやってもその当時からも見つからなかったのも、かなり昔でも二酸化炭素が温暖化である証明となります。つまり考古学という経験の学問でも95%以上の確率で二酸化炭素が温暖化であることが解ります。 地球温暖化は二酸化炭素でないと主張する方がいましたが、その主張をよくチェックすると、必ず、矛盾してるのが解ります。温暖化懐疑論者に気候変動を専門とする研究者は極めて少なく、その論はとっくに、すべて論破されている。 https://skepticalscience.com/translation.php?a=18&l=11 逆に原因が解ってるから対策を立てやすいので、気温がゼロエミッションになるまで上昇続けるから、それに応じた災害も起きやすくなります。 専門家は、このまま二酸化炭素を減らさない場合は、21世紀の終わりまでにCO2濃度は550ppm以上に達し、世界の平均気温は5~6度上昇すると考えられている。大陸の夏はそれよりも高く特に影響を受ける。北極を中心とする高緯度地域では、その2倍以上のペースで気温は上がる。夏の北極海では、2030年代後半には氷がなくなる可能性があること。そして、北極域の変化が中緯度の天候、東南アジアのモンスーンにまで影響。北極圏での温暖化は、かつては永久に凍り続けていた永久凍土の融解を引き起こしており、科学者たちが警戒している。永久凍土が溶けると、地下に閉じ込められていた二酸化炭素とメタンが放出されるからだ。これらの温室効果ガスはさらなる温暖化と、さらなる永久凍土の融解を引き起こす可能性がある。正帰還として知られる悪循環を引き起こす。国連が発表した歴史に残る報告書によると、2050年までに世界の炭素排出量が酸素生成量と等しくなるカーボンニュートラル状態にならないと、壊滅的な気候変動が避けられない、「最悪の場合はあと12年」と国連が警鐘を鳴らす 温暖化を止めるには、日本は二酸化炭素排出を80%抑えるしかなく、発電所や工場などに全てに二酸化炭素を90%吸収する装置を取り付けたりするしかなく、非常に厳しい現実です。どの程度の気温上昇であれ、そうしないと今のように気温が上がりっぱなしです。 世界だと発電に占める二酸化炭素の排出は二酸化炭素排出全体の4割ですので、発電所の二酸化炭素排出ゼロは早く皆声を上げ検討せざるをえないかもしれません