趣味でピアノ教室に一年ほど通ってます。「ブルクミュラー25」の次のテキストとして「ピアノのステージA(カワイ出版)」を渡されました。

ピアノ、キーボード61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ステージのAにはシューマンのはじめての悲しみが入っています、 この曲は好きで、この本でなくても、生徒さんにはよく弾かせています。 この本のはじめての悲しみの次のページにショパンのノクターン2番の出だしのところの楽譜も載っています。 バッハ、ヘンデル、モーツアルト、ベートーベン、リスト、チャイコフスキー、ウェーバー、ブラームス、グリーグ、ドビュッシー、ハチャトゥリアン、ショスタコービッチ ざっと上げただけでも10人以上の有名作曲家の曲が、ほぼ全部原曲のまま入っています。 私は、これらの作曲家の曲をそれぞれ作曲家別に持っています。 そうすると10冊以上の本を買うわけで、それもほとんどは今のレベルで弾けない曲のほうが多いので、効率よく大作曲家の曲を弾くことがでます。 この本のBが終わると6級レベル終了なので、次は5級です。 5級からは、講師資格の入り口になります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

返信に書いておりますが 「ピアノのステージA」への丁寧なご説明をありがとうございます。 前向きな気持ちになりました。

お礼日時:1/22 16:13

その他の回答(1件)

1

ピアノのステージAというのは分かりませんが・・・ ソナチネとバッハインベンションがやりたいのでしたら先生に頼んでみては いかがでしょうか? チェルニー30番、ソナチネ、インベンション、ハノン これらは4つとも同時にやって良いと思います。 (私が子供の頃は4つ同時進行でした。他の同級生も)

1人がナイス!しています