死生観について誰かと話しますか?もしくは「死」を取り扱った書籍あれば教えてください

哲学、倫理 | 生き方、人生相談41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!! 死に関しての考えを教えていただきありがとうございます。 すごく興味深く、面白く、そして死を前向きに別の視点から見ることができました。 「死」を話題にすることがタブーな空気がやはりあるので広いネットの世界でもみてみます(*^-^*)

お礼日時:1/27 13:37

その他の回答(1件)

0

私は或る時、ふっと死がすぐそこに迫ってて戦慄しました。それと同時に 自分の余生でやるべきことが定まりました。 こういう体験を共感できる人は、残念ながら私の周りにはいません。 「死」だけを取り扱った本は知らないのですが、少しだけ書かれている本 を紹介します。 ・ヤスパース「哲学」中公クラシックス(「限界状況」項に記述あり) ・ヤスパース「哲学の学校」河出書房新社(古本でしか入手できないかも) ・池田晶子「死とは何か」毎日新聞社(死そのものに関する記述は少ない) ※池田さんは多作で死に関する記述はあちこちにあり。後期がお勧め。 ・大峯顯「宗教の授業」法蔵館

ありがとうございます!早速本読んでみます。 体験談もありがとうございました。自分の余生でやるべきこと・・死は身近に感じていたのに残りの余生について勝手に手放していました。やることに焦点を当てて考えてみます