「アイヌ」 と 「蝦夷(えみし)」 と 「縄文人」 は同じなのですか?

日本史56閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

3
画像

3人がナイス!しています

↓もともと、中国大陸に「縄文人の祖先」の母集団がいて、南北から日本列島に渡来したと推定されています。これが「縄文人」です。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

非常に詳細にありがとうございました。 たいへん勉強になりました。 七志権兵衛さん、harさん、akaさん も 詳しくありがとうございました。 勉強になりました。

お礼日時:1/29 21:03

その他の回答(3件)

1

北海道や東北の縄文人は蝦夷(えみし)になり、更に北海道の蝦夷はオホーツク人と混血してアイヌ人になりました。沖縄の縄文人は日本人と混血して、琉球人=沖縄人になりました。

1人がナイス!しています

1

アイヌだけは違います。室町時代以降に外国から渡来してきた侵略者です。 室町時代創建の社寺が北海道にあるので、日本人のほうが先に住んでいたのかもしれません。

1人がナイス!しています

1

近いけど同じではありません。 縄文人+オホーツク文化ジン=アイヌ、長江文明人+縄文人+その他=弥生人→本土人、縄文人+長江文明人→琉球・西南諸島人の三者で同じ日本列島人に所属し、隣国の朝鮮半島、中国大陸には縄文遺伝子が存在しないので人種的には日本人≒日本列島人と言って良いでしょう。 蝦夷は本土人の一派ですがアイヌの影響を強く受けたのは『蕨手刀』が東北・北海道から出土してる事で明らかです。

1人がナイス!しています

列島人三者の縄文遺伝子の割合、本土人く琉球諸島人くアイヌで、もっとも縄文遺伝子の強いものはアイヌです。 但し、民族の定義は特になくアイデンティティの問題なので人種と民族は一致しません。