免許のことで質問があります 今現在 「準中型で運転できる準中型車は準中型(5t)に限る」 「準中型車(5t)と普通車はAT車に限る」

運転免許73閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/25 0:01

その他の回答(9件)

0

以前の普通自動車(5t)の時に オートマチック車(AT限定)で 教習をして取得しているなら、 普通自動車(5t) (条件) 『ATに限る』 ・最大積載量=3,000㎏(3t)未満 ・車両総重量=5,000㎏(5t)未満 ・定員数=10人以下 (1人=55㎏×乗車人数) 合計の車両総重量が 5,000㎏(5t)未満まで運転が可能です。 2017年(平成29年)3月12日以降に 準中型車の免許が新設されてから 【準中型】 (条件) 『準中型車は5tに限る』、 『準中型(5t限定)、普通車はATに限る』 ・最大積載量=3,000㎏(3t)未満 ・車両総重量=5,000㎏(5t)未満 ・定員数=10人以下 (1人=55㎏×乗車人数) 合計の車両総重量が 5,000㎏(5t)未満まで運転が可能です。 以前の普通免許(5t)ですが いまは準中型(5t限定)と 準中型車も含みますので 教習車や試験車が普通車であっても 準中型車を扱っている 自動車学校や教習所になります。 限定解除でも 『準中型(5t限定)と普通車はATに限る』 ATの限定解除だけなら 教習車や試験車は『普通車』になります。 = その場合は 【準中型】 (条件) 『準中型車は5tに限る』だけになります。 なので 最大積載量2000kg、 総重量4945kgの トラックは 「MT」の運転でも可能になります。 この場合、試験は審査になるので 運転免許証の裏側に 『準中型(5t)と普通車のAT限定解除』 というように記入されるでしょう。 運転免許証そのものは 変わらないでしょうけど運転は大丈夫です。 また、 『準中型車は5tに限る』 5tの限定解除もするなら 教習車や試験車は【準中型車】になります。 ※準中型車はMT車しかありませんので ATの限定解除も含まれます。 =その場合は 『準中型車は5tに限る』、 『準中型(5t限定)、普通車はATに限る』 どれも限定解除になりますので 【準中型】(7,5t)になります。 ・最大積載量=4,500㎏(4,5t)未満 ・車両総重量=7,500㎏(7,5t)未満 ・定員数=10人以下 (1人=55㎏×乗車人数) 合計の車両総重量が 7,500㎏(7,5t)未満まで運転が可能です。 ※準中型、中型、大型、牽引、二種免許 のように 普通免許より上位の免許になると 視力検査に加えて 深視力検査を受けるようになりますので 距離間がつかめずに苦手な場合は 注意が必要です。 準中型(7,5t)及び普通(3,5t)が 新設されていますので 一度、【準中車】(7,5t)を含めて 中型、大型のように 限定解除をして5t限定を超えるようになると いまは普通車(5t)=準中型(5t限定) は免許の取得にはありませんから、 適性検査で深視力検査を受けて通らないと 深視力検査のない 現行の普通免許(3,5t)になります。

0

①=普通自動車免許 最大積載量2000kg未満 最大車両総重量3500kg未満 最大乗車定員10人 ②=普通自動車免許 最大積載量3000kg未満 最大車両総重量5000kg未満 最大乗車定員10人 ①と②のAT限定から AT限定解除すれば ①=AT&MTの①が運転出来ます ②=AT&MTの②が運転出来ます 乗用車又は貨物車問わず運転出来ます。

0

総重量5t未満のトラックは運転できます。 私がそのMT免許を持っていて、5t未満のトラックを運転することもあるので。

0

質問者が現在所持している状態でAT限定解除をすれば 準中型は準中型(5t)に限るの条件が残り 普通車のAT限定の条件が消えます つまりマニュアル車で総重量5t未満最大積載量3t未満のトラック及び 乗車定員10人以下の乗用車が運転出来ます。 なので質問のトラックは運転出来ます。