ID非公開

2021/1/23 15:13

22回答

農民、平民、町人、百姓、商人の違いを教えてください。

日本史 | 歴史16閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

農民、百姓(ひゃくしょう)は、農業に従事する民 百姓(ひゃくせい)は中国ですが、一般庶民を指す言葉。日本も言葉が入ってきた当初は、中国と同じ使い方をしたようですが、時代を経て(ひゃくしょう)として農民を指す語になりました。江戸時代には本百姓や水呑み百姓がいました。 町人は市井で様々な職業に就き生活をしている人で、商人は商売人、今でいう企業経営者でしょうか。 平民は、明治になり、新政府が新たに身分制度を作った際に一般大衆を総称して平民という身分を作りました。 但し中には、江戸時代武家だったのに平民籍に入った人もいます。華族の次男以下の人で分家して新たに華族として爵位をもらった以外の人は身分的には平民になります。士族も分家は平民になりました。 理由不明ながら旗本等で江戸時代まで殿様身分で、なぜか明治に平民になった人も若干いました。主君が旗本で士族になった人の旧家臣は平民になりました。平民宰相と呼ばれた原敬の家は、盛岡藩の家老の家で上級武家出身であったにも関わらず身分は平民でした。足利将軍家の末裔(平島公方家)も平民にされました。