「交流より邂逅しうるべきでは?交流には深さがないのでは?