その他の回答(8件)

0

いない どんなに学がなくて何も出来ないような人間でも、人類の歴史を変えるような人物の親になるかもしれない。今までの人類の歴史に一人でも欠けていたならば今の世界は存在していない。

0

誰々が要らないということでなく、犯罪行為をする者は不要というなら、同感ですね。

1

種内の多様性という観点では、要らない人間はいません。 鎌形赤血球貧血の例は有名ですね。そのような遺伝的貧血病の患者さんはマラリアにかかりにくいそうです。 ある価値観では「要らない」「弱い」と評価されてしまう方も、ある環境下では「必要な」「強い」人材になります。 「多様性」を維持することは種が生存し続けるために必要なものです。そこへ人間の浅い価値観を持ち込むことは、不遜傲慢きわまりないと思います。 以上、個人的な見解でした。

1人がナイス!しています

0

いなくなって欲しい人がいるかどうか考えると 怖い気持ちになるけれど 特にそう思ったことはないと思います でも、いるいらないで言うなら 関心がない人に対してはそうなんじゃないかと思います