戦国最強の武将と言ったらよく上杉謙信だと言われますが、

日本史47閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

家康は典型的なDQN 好みじゃない 今は象徴天皇制 皇室を大事にした信長が一番

0

最初は織田信長と上杉謙信は敵対 してませんでした。当世一の絵師、 狩野が手掛けた洛中屏風絵を 織田信長は上杉謙信に贈るほど 気前よく関係は良好でした。 どちらかといえば武田信玄と 対立し始めた徳川家康が敵の敵は 味方なりの法則で上杉と徳川は 軍事同盟したので織田と上杉も 敵では無かったのです。また 織田信長にとって一向一揆は 許すことの出来ない敵だったが 、それは上杉謙信も祖父を越中の 一向一揆との戦で死んでいる遺恨 あって一向一揆と戦っていました。 織田信長は比叡山を焼き討ち、した のは、あまりにも有名ですが 実は、あまり知られていませんが 上杉謙信も越中の天台宗の拠点で 僧兵ら籠城する城や山を攻撃し 焼き討ち、したそうです。 現在、富山県の高岡市と氷見市の 境にある三千坊山が、その焼き 討ち、の舞台とされて山の名の 三千坊の由来は上杉軍が討ち 果たした僧兵の人数だそうです。 上杉謙信が織田信長を敵視し 始めたのは越前から加賀、能登 へと柴田勝家の軍勢が侵攻して きて脅威を感じたからでしょう。 上杉謙信は必ずしも勇猛1本筋の 武将でなかった証としては 織田と戦うに、あたって祖父の 仇の一向一揆と和睦して共闘関係を 構築したことで一向一揆の協力 あったので上杉謙信の軍勢は 越中や能登で何ら妨害うけず進撃 できて織田家中の柴田軍と 対峙できたのです。

0

上杉謙信は八千人程度の軍勢を率いて戦う事をもっとも得意としてました。同じ条件なら信長、信玄でも敵わず、匹敵するのは島津義弘くらいではないでしょうか? しかし近代陸軍なら八千人と言えば師団長クラスでしかありません。政治家である信長なら必要なら兵を多方面から引き抜き最大動員兵力は19万人と計算されてます。守備兵力を残して10万人で謙信を包囲すれば討ち取るのも容易だったのではないでしょうか? それをしなかったのは三好、朝倉浅井、石山本願寺、武田家を先に優先したかったからでしょう。 私は謙信贔屓の信長嫌いなのですが、残念ながら冷静に考えてこう結論せざるを得ません。

0

政治経済といった内政では「普通」でしかありません。 それこそ信長の足元にも及ばないでしょうね(>_<) ただ軍勢は多ければ良いというモノでも無く、 上杉謙信は、8000という一番扱いやすい手勢を 手足のように動かす事で「軍神」の異名を取り、 敗戦は生涯たった2度だったそうです(^^)/