基礎年金番号とマイナンバーが自動的に紐着くのは2018年3月5日以降らしく、

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

マイナポータルからねんきんネット(日本年金機構)に繋ぐ設定をすれば自動でログインが出来ます。 ログインが出来ないなら紐付けされていないかも? ねんきんネットは単体でログイン出来ます。 登録されている住所も確認出来ます。 (住所変更は知らない) 住所の下にマイナンバーとの関係が書いてありました。 現在の状況が閲覧出来ますから定期便は不要では。

0

基礎年金番号とマイナンバー及び住所変更は、「自動的」には結び付いていない。法改正されていないと思う。したがって、住基ネットが出来て、それまで1年に一回出すようになっていた、生存を確認する「現況届」は廃止されている。すなわち、住基ネットシステムで住民票が検索できるようになった。すなわち、日本年金機構に記録されている名前、住所、生年月日で多くの人の検索はできる。しかし、名前が変わったり、住所が変わったりしていると、検索できない。おそらく、該当者なしと出るのではないか。 そのシステムで確認できない者は、現況届が送られているようで、それにマイナンバーを書くか、マイナンバー入りの住民票を付けてくれるよう、要請をしている。そして、手作業で機構のデータを書き換え入力しているのではなかろうか。 なお、16年の番号法改正によって、会社には社会保険関係、税関係、災害時対応に使うため、マイナンバーに記載した書類を出す義務が課せられた。したがって、其れ経由などで、「自動的ではない」が、日本年金機構では、両方掴んでおり、それを関連させているものと考えられる。 したがって、住所変更したときは、役所に置いてある未記入の「現況届」を出してやらないと、わからないのではなかろうか。 以上は、推定である。