SR400のファイナルエディションはABS規制に引っ掛かるので 10月1日以降は新車登録出来ないと記事を読んだのですが、

バイク564閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうなんですよ、皆さん回答書いてくれれば良いだけなのに喧嘩腰なんですよね。 そして言い掛かりだけで書き逃げですから。

お礼日時:2/7 22:12

その他の回答(5件)

1

新車販売(形式認定)が出来ないだけで既に販売された車両の登録には関係有りませんよw そうでないと世の中に存在するABSの無い中古車はどれも登録できなくなってしまうって話になるので、そんな馬鹿げた事は誰も言っていないよw

1人がナイス!しています

0

わたしの知っているYSPでは、リミテッドエディションは完売。 無印のファイナルエディションは予定入荷数がわからないのでどの程度予約を受けられるかわからない。 という状況らしいです。 10月まで待たずに完売する見込みで計画しているんでしょうね。

0

>10月1日以降は新車登録出来ないと記事を読んだのですが ソースを示してください。 私が調べた範囲ではABS非装着車の『継続生産ができなくなる』との記述はありましたけど、新車登録できなくなるという文言は見当たらなかったです。

>今回の義務化に際して、その直前に発表されたヤマハの2019新型SR400は、ABS非装着でリリースされている。平成28年排ガス規制をクリアして、型式は「EBL-RH03J」→「2BL-RH16J」と新しくなっており、次期排ガス規制が全面適用されると見込まれる2021年までは生産することが可能だろう。さらにABSも同様に2021年10月までは装着せずに発売が続けられる。 https://young-machine.com/2018/10/06/14553/

1

年間の生産台数決めてるのに追加生産しませんよね。 未使用の車体にしてもこれから買えなくなるんだから安く売る訳が無いでしょう。 どうしてこう都合よく安く買えると考えられるのか不思議です。

1人がナイス!しています

販売計画は3月から9月末までで合計で6000台ですよ。 2018年までは年間1000台位、2019年と2020年に2000〜2500台売って需要の先取りしているし、 ヤマハの昨年の中型車販売総計4700台からしか6000台も定価で売れないと思うからです。