意地悪な子供の友達。 今我が子は小1ですが、入学時から近所の子2人と男3人で登下校しています。

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 我が子は「なんで仲良く出来ないんだろう。どうして意地悪されるんだろう」と悩んでいました。仰る通り、時に仲良いのでお友達だと認識して、また意地悪されて落ち込む…この繰り返しでした。 我が子はそれに気付くのにはまだ幼かったんですね。 親に言ったところで変わらないのも最近よく分かりました。Aに関しては、もう何十回も繰り返しているし、Bの親は学校からの連絡があっても何も言ってこない人ですから、もう諦めています。 親によって、こんなにも考え方、価値観が違うんだなーと思い知りました。 がっこうには数度相談していますので、クラスは絶対に離れると思われます。 我が子も登下校も学校でも一緒にいないよう離れているようです。 まさにお友達との距離、身を守ることを勉強中です。子供なりに頑張っているようです。 実体験を話して下さり、ありがとうございます。参考になりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。ご自身の体験もお話下さり、まだ相手を嫌いになるという感情自体がまだ我が子にはないのかなと思いました。 クラス替えに期待をして、もし可能なら少し距離を取り、相手がどういう子が、自分がその子達といて幸せなのか考えられるように手助けをしていこうと思います。

お礼日時:3/3 16:04

その他の回答(3件)

0

3人って難しいですよ。 うちの子もそこまで悪質じゃないですけど、 3人の会話でうちの子だけ仲間外れに するような言動をよく見かけます。 息子は気にしてないのか 気にしないフリをしているのか 分かりませんが見てて腹が立ちますね。 それでも息子は遊びたいと思っているようです。 近所にそう言う子供がいると厄介ですよね。 まだ一年生なので行動範囲も小さいけど 学校では違う子と遊んでいるようですし うちの子も学年が上がったら遠くの子と遊んでくれるのではないかと私自自身も思っています。 相手を変える事ってできないんですよね、 自分が変わるしかない、本当にそう思います。 息子さん頑張ってますね。

ご回答ありがとうございます。カシスれもんさんのお気持ちとてもわかります。 うちの子もそれでも遊びたがっていましたが、相手の意地悪は変わらない!変えられない!と教えたら、嫌な思いをさせてくる人だと諦め始めています。 登下校時も一緒に行かないとここ数日断り始めました。今朝Bには「最近どうしたんですかー?」と言われましたよ そんなもんなんですよね、意地悪している側は。なんとも思ってない。 残りの二人のうち、一人でも意地悪はよくないなーと思ってくれる子でなければ、カシスれもんさんの仰る通り、3人は難しいのでしょうね。 カシスれもんさんの息子さんもクラスが変わり、また新しい気の合うお友達に恵まれますように!!!

1

近所に住んでるからといって仲良しになれるとは限らない。 登校班じゃなければ、別々に行動したらいいと思います。 放課後は習い事ても入れて、誘われても断りましょう。 相手に変化を求めるのは無理です。 自分が変わるしかないです。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。大人は近所だからって…と思うのですが、子供は我が家の前を通る友達なので一緒に行きたいようです。でも、嫌な思いしてまで行く必要なんてないですよね。 嫌な思いをしている我が子をずっと見ているので、うちの子と仲良くしてほしいと思うのはやめました。相手が変わって欲しいと思うのも無理だと思ってきました。 習い事も含め、我が子が楽しく過ごせる方法を考える事に時間を使おうと思います。 ありがとうございました。

0

いたたまれないお気持ちがひしひしと伝わってきました。我が子が嫌な思いをしているんじゃないかと心配する日々は辛いですね。まだ小1といえど悪意を持って人を傷つけることは見過ごせないです。 まず第一にお子さんはどう言っていますか?傷ついたり嫌がったり塞ぎこんだりしていますか?ABについて「ともだち」「仲がいい」と思っていますか?

ご回答ありがとうございます。入学時に引っ越してきたので、幼稚園時代の友達が近くにいません。 ABとは楽しく過ごす時もあるようで、はじめのうちは唯一の友達という感じでした。 仲良くしたいのに、何故か二人は意地悪な事をしたり、言ってくる、どうして?ぼくが悪いのか?と理解出来ない様子で見ていて本当に心苦しかったです。幼稚園時代にこんな子が周りに一切いなかったので。 ですが、最近は意地悪をしてくる二人と認識を変えてきているようです。 子供が学校に行きたくないと号泣し、母子で泣いた日もありましたが、クラスでは他の友達と過ごすようにしているので、塞ぐことなく学校に行っています。