油をなじませた鉄製のフライパン。どうやって洗ってますか?

補足

個人的には②です。なんの問題も感じてないんですが、ひとに訊くと①の人もいるようなので…。

キッチン用品 | 料理、レシピ108閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

うちでは1番ですね。 ただ、タワシじゃなく竹製のササラを使ってぬるま湯で洗っています。 その後オイルを塗り込んで加熱して片付けています。

1

③ これは、中華料理店の店主に、直接聞いたことがあるのですが、手入れは、使い終わったらあたらしい油で洗う。翌日の使い始めも、新しい油で洗ってから、使用を始める。 自分たちは業務だから、毎日、そうするけれども、一般家庭では、新しい油で洗って、キッチンペーパーなどで拭いて、片付ける。使い始めも、新しい油を引いて、キッチンペーパーなどで拭いてから、使い始める。それを繰り返せば、100年たっても、使える。オレが修行した中国では、300年前の中華なべが、錆びなんかなくて、そのまま今すぐ使える状態だった。 油がなじんだ鉄の中華鍋は、こびりつかない。 など。 鉄製のフライパンの場合は、製造メーカーから、取扱説明書が、ついてくるはずですが、万一、放置してサビが発生した場合を除いては、洗剤は使いません。 ① 初めて使う前には油慣らし (最近は、最初から油慣らしをしてある製品もあります) ② 調理で使う前に油返し ③ 調理が終わったら、すぐにお湯で洗う ④ 焦げ付いてしまったら、 ⑤ 鉄鍋が錆びる原因。鉄鍋、鉄フライパンはシリコン樹脂で表面塗装しています。黒い酸化皮膜がはがれることがあります。・・・・・・・その他。 と、記載されています。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 水やお湯だけじゃなく、洗剤を使うのでもなく、新しい油で洗うんですか!新しい波ですね。その油の廃棄法とかも気になりますね…。

1

①ですね。 と言うか、大多数が①でしょう。 タワシで軽く水洗いして空焚きして終わりです。 その後、暫く使わない場合は油を馴染ませ錆を防止しますが、使用頻度が高ければ油は使いません。 鉄製のフライパンは中性洗剤の使用は完全に禁忌です。洗剤を使うならばコーティングフライパンを使いましょうって事になります。 洗剤付けて洗うのが綺麗かつ雑菌されベストって考えの私は中々、水洗いって感覚が全く受け入れられなかったので、分かっちゃいるけど洗剤使って何度も失敗しました。 が、今では普通に洗剤使わずタワシで軽く水洗いして終わりです。 当たり前ですが、鉄フライパンはそもそもシーズニングから油を馴染ませて使う用途なので油分を界面活性剤で落としきる洗剤を使う事は基本的にはNGです。 また、鉄フライパンは構造上前の食材が残るとそこに焦げ付きや有機物なので雑菌の繁殖を招きます。 基本的には適切な管理をしていれば、こびり付きません。 万一こびり付いた際はそれをタワシで除去する上に空焚きをし高温で滅菌するので洗剤を使わずとも衛生面もさほど心配する必要もない。 例えばホワイトソース作りなど澱粉質が極めて多い材料以外は鉄フライパンは育てれば、こびり付きません(逆にこのような鉄フライパンに極めて相性の悪い一部の材料は鉄フライパンで使う事はないでしょう) という事で、現在私はコーティングが剥がれたら使い捨て消耗品のコーティングフライパンの大半を鉄製にしています。 割れや大きな変形が無ければ、10年20年下手すれば死ぬまでは使えますからね。

1人がナイス!しています