香港特別行政区でTKGが受け入れられている旨ヤフーニュースで挙がっていました。

料理、食材 | 海外21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 YATAは香港ではブランド化しているのでしょうか。 ニュース程には生食は一般化してはいないのでしょうか? まあ、銅鑼湾に務める知人は生食するらしいですが、恐らく崇光か竹園の生活創庫で買うのでしょうね。あと吉之島とか日系の店で。 惠康は日韓の食料品結構扱ってますが、亀甲萬って香港でもよく売れているのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。 多民族社会故に、日本食材も食習慣も敷居が低いから取り入れられやすいのでしょうね。 まあ、本国とは微妙に違うのでしょうが。  どんな形でTKGが根付くか楽しみです。

お礼日時:2/26 14:45

その他の回答(2件)

0

海外のホテルの目玉焼きとか、半生以上にトロトロのことがあるので、生食でもOKと言うのは外国人も薄々わかってる気がするんですけど、やっぱ直で生と言うのは抵抗があったんでしょうかね? 醤油に似たシーズニングソース、日本のとは違う醤油が売ってますが、そういうのをかけているのでは? キッコーマン醤油でも、日本語表記のものでないと味が違うんですよね・・・ 香港の出前一丁とか日清のカップ焼きそばとか、味付けが日本のとは違いますが、それはその味付けが美味しいと思っているからそういう風にアレンジしているのでしょうが、それと同じように日本の醤油で食べるよりも香港や中国の一般的なのを使う方が現地人にとってはあっているんじゃないですか? 見た目は日本でも馴染みのある和食洋食と同じでも、なんでわざわざこうするかな・・・・という味付けでげんなりすることが多いですが、現地ではそうした方が美味しいという事なのでしょうね。