大村知事のリコール活動が不正であったと話題になっていますが、そもそも何でリコール活動が始まったかです。

ニュース、事件 | 流行、話題のことば123閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

この知恵袋の特徴の一つですが、質問とは関係ないことを回答する人ばかりです。 愛知県民ではないとのことですが、私の質問に答えていただきました。 ありがとうございました。

お礼日時:2/23 8:37

その他の回答(11件)

1

知らんが トリタナーレの補助金 愛知知事が支払いしてくださいて事がほったんらしい。 頭に来た河村さんが 高須さんに応援頼んだらしい。 やっかうなことに 二人の間もヤバく亀裂ぎみに進行。 みともないし 愛知県民の無駄に流れた個人住所どうしてくれるの。

1人がナイス!しています

0

民主主義への侮辱だけど、その原理も知らない人には何言っても無駄。 表現の自由自由を奪うな。 天皇批判の何が悪いのでしょうか? 神格化極めて反対ですね。 いつの時代に生きてるんでしょ。 今の天皇でさえ自分が神なんて思ってない。 誰に投票するかを公にする人間ではない。 投票後の出口調査なら別ですが。 支持しないから、金持ちがお金使って選挙で選ばれた人を解職させる事が間違ってるとは考えないのですか? 結局頭で考えない人間が感情でこの恐ろしい行為を支持してるだけ。 整形手術の爺さんに影響受ける人間らしいよ。

2

真実はこれみたいですね リコール運動の原因の一つである「天皇陛下の写真を燃やした」という部分だが、実際に昭和天皇の写真を燃やしたのは右翼団体である 1986年に「富山の美術 '86」展で芸術家・大浦信行が『遠近を抱えて』という作品を出展したが、この作品はレオナルド・ダ・ヴィンチの自画像、大浦の煩悩の表す裸婦画、大浦が敬愛する昭和天皇の写真が使われた これを不敬だとして右翼団体が暴力をともなう激しい抗議を行い、美術館側が右翼団体の要求に屈して大浦の作品を売却や焼却処分とした あいちトリエンナーレに大浦が出品した映像作品『遠近を抱えてPart 2』は、この『遠近を抱えて』が焼却処分される様子を、表現の自由が破壊されるものとして映像に記録した作品だ ところがこれを利用して「天皇の写真を燃やした」というデマに仕立て上げてリコール運動を行ったのが高須や河村たちだ

2人がナイス!しています

0

こういう主張を『盗人にも三分の理』と言うのでしょうか。 なおいわゆる慰安婦像については、会長代行である河村市長も事前に知っていたはずですが展示されました。

2

表現の自由が聞いて呆れる。ポリコレ同調圧力が極まった世論で、表現の自由とか居直った連中は、キング牧師の写真にも同じ事をできるのかw できないだろ。 だから政治的プロパガンダと言われるんだよ。

2人がナイス!しています