ID非公開

2021/2/20 10:20

44回答

私が自分の娘やその旦那や孫に毎年110万円ずつ生前贈与しているとして、彼らがそれを受け取っても、

税金 | 法律相談106閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

質問文に書いてあった様な事があったとしても、書いてない部分で贈与と認められたり認められなかったりする。 例えば、贈与契約書が作ってあるか否か、預金の管理は誰が行っていたかなどにより、贈与財産(暦年課税の基礎控除以下なら課税されない)となったり、贈与財産だけど全て旦那への贈与と認定されたり(基礎控除額を超えるので課税される)、元々贈与財産ではない事となったりします。 要は事案によって個別に判断することとなるので、質問文にあるような大雑把な情報では確定的な回答は出来ないのです。

1人がナイス!しています

0

認めるも何も、税務署に調査されるのは相続税の申告書数の10%ですよ。あなたが大資産家で多額の財産を残して亡くなった場合、相続人が正直にあなたの財産を申告していれば、調査に入られることは有りませんので、非課税範囲と認めてくれるかどうか心配する必要は有りません。

0

生前相続される側が無申告であったとしても、生前贈与する側が事前に「贈与税の関係」として記録しているでしょう。受け取る側は「自分で計算した結果非課税だから」として「申告しなかった」としても役所側では「申告漏れ」として無申告加算税が課せられます。 参考)ーーー https://www.happy-souzoku.jp/souzoku-11305.html 国税庁は、全国の国税局・税務署をネットワークで結び、あらゆる税金の申告・納税事績や各種情報を入力した国税総合システム(通称KSK)を運用しています。これにより、税務署は、被相続人の収入やどのような財産を取得・相続したかを把握しています。