キリスト教の物語って、実際にあったことをワザと あり得ない話にアレンジして、信じさせてるんだろ。

宗教26閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

1

キリスト教の家庭の子がキリスト教徒になる可能性は高く、 ユダヤ教の家庭の子がユダヤ教徒になる可能性は高く、 イスラム教の家庭の子がイスラム教徒になる可能性は高く、 創価学会の両親を持つ子が創価学会員になり、 幸福の科学の両親を持つ子が幸福の科学の信徒となり、 エホバの証人の両親を持つ子がエホバの証人の信徒となり、 オウム真理教の家庭の子がオウムの信者になるのは、 ごく自然なことです。 人がどのような信仰を持つかは、 その人に内在している生まれつきのもの(魂や本能)ではなく、 その人が生後育った環境や教育の影響、 特に、まだ選択能力や批判能力に乏しい 幼少の時の環境や教育の影響に強く依存していること を意味しています。

1人がナイス!しています