ID非公開

2021/2/21 8:50

22回答

真剣に悩んでます、ご意見お願いします。

絵画 | 習い事18閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

1

日本画の専門学校を、卒業している者です。 日本画は非常に難しい絵の具です。 それに引き換えアクリル画は誰でも簡単に扱える手軽さがあります。 日本画のプロも小下図はパステルなどで仕上げ、それを元に本制作をします。 日本画の特徴はたらし込みで、画面を水平に置き、絵の具をたらすように描くことで 抵抗感のある独特の深い色あいを出せることです。 不透明水彩の岩絵具版です。 海外ではデトランプあるいはグレーテンペラと呼ばれるものですが 日本では岩絵具の粒子の種類が粗いものから細かいものまで豊富なのに比べ 海外のものは粒子が細かい粉末状であるというのが違います。 世界最古の絵の具で、ダヴィンチもおそらく、この絵の具を使っていたであろうと思われます。 画材は高価です。これは日本画だけに限ったことではありません。 しかし、安い絵の具もあります。 天然岩絵具は高価ですが方解末に染料で色づけした岩絵具や水干絵具、 顔彩などは安く手に入ります。 墨も使えますし、洋画で使う粉末絵の具を膠で溶くというやり方もあります。 また、ずっと日本画をやるのでは無く 日本画の基礎だけ学び、油絵やアクリル絵の具に日本画の岩絵具を 混ぜて使うという使い方もあります。 せっかく習い始めたので楽しんでやれるように工夫してみてください。 画材の扱いだけなら自分で調べても出来ます。 線で描いて影をつけて色をのせるだけです。 乾くと色が変わるので、完成イメージをしかっり持って色を選びます。 絵画教室に行くメリットは仲間や師匠との交流です。 難しい絵の具だからこそ、他人の経験や技は参考になります。

1人がナイス!しています