尖閣諸島の付近に大量の原油が埋蔵されているというのはホントなんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

--- 問題の発生 1968年の海底調査の結果、東シナ海の大陸棚に石油資源が埋蔵されている可能性があることが指摘され、1970年に台湾が領有権を主張しはじめ、これに中国も追随した。1968年の海底調査の結果、東シナ海の大陸棚に石油資源が埋蔵されている可能性があることが指摘され、1970年に台湾が領有権を主張しはじめ、これに中国も追随した。1969年および1970年に国連が行った海洋調査では、推定1095億バレルという、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告された。 --- https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E5%95%8F%E9%A1%8C 尖閣諸島問題 - Wikipedia ...と言う訳で、可能性ではありますが当たれば世界情勢が変わる程の原油が眠っている可能性があります。

1

実際には判りませんが、大量の原油が埋蔵されている 可能性が強く言われています。 1970年代に入って、中国がいきなり領有権を主張し始めた のはそれが理由です。 それまで何の反応もしなかったのに、ねぇ。

1人がナイス!しています