天皇(以下、天ちゃん)はどうして偉いのですか?天ちゃんをえらいと思っている人、教えてください。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(12件)

1

■<海外から見た天皇> 外交儀礼(プロトコル、国際礼儀)における天皇の位置づけについては、国際的な慣行により次のような取り扱いがなされる。 第1位 天皇 (Emperor,Empress) 第2位 ローマ法王(Pope) 第3位 国王・女王(King,Queen) 第4位 大統領(President) 第5位 首相(Premier) 現在の世界では、最上位の天皇・皇帝・女帝の位を有するのは日本国天皇のみとされている。 学問上の定義として、天皇と皇帝は異なるという理由により、一部の学者等からは、 英訳呼称として”Emperor”ではなく、”Tenno”が提唱されたこともあるが、実際の国際慣行においては、日本国天皇は皇帝(エンペラー、カイザー)として扱われている。 プロトコルの存在を示す実例としては、以下のことが挙げられる。 ① 国際的な場でイギリスのエリザベス女王が日本国天皇と同席するときは、天皇に上座を譲る。 ② 天皇・皇后が訪米する時は、アメリカ大統領は白ネクタイで出迎える(この方法はアメリカ大統領の最敬礼の方法で、現在その対象となるのは、日本国天皇、ローマ法王、英国国王のみ) なお、これらの扱いは外交儀礼上かつ相対的なものである。なお昭和天皇の大葬の礼の際には世界の163ヶ国の国家元首や首脳と17の国際機関の関係者が参列に訪れ、親日国のインドは3日間、ブータンでは1ヶ月間喪に服した(日本は2日間)。 http://www.eonet.ne.jp/~camus/Japanese/Japan/kaigai.htm

画像

1人がナイス!しています

2

日本の象徴だからよ。 あんたがどう頑張ったってなれない。 天皇をあえて、より長い文字に略するあたりがバカウケ笑笑 大体の人間はあなたより偉いでしょうね笑笑

2人がナイス!しています

0

まず、「偉い」という言い方が曖昧ですから、分けて考えましょう。 「偉い」とは、身分が高い、あるいは個人的に優れている、という意味です。天皇は単一の個人を独特に称する言葉ではなく、継承される地位である以上、ここでは天皇という身分について論じましょう。 「権力がある」という意味で、まずは考えます(「偉い」とは少し話がずれます)。軍事力その他を以て、日本を支配した、というのが前提となり、絶対的な(つまり最終決定を行う)最高権力として、長い間(形式的には現代もそうです)機能し続け、その権能を保持し、その後奪われなかった。という点で、権力を持っています。これは「支配者である」あるいは「最高決定者である」という事です。政治や支配は社会の調整部門であって、この意味において天皇はあくまで社会における分業の結果といえます。権力がある=身分が高いとするならば、その権限そのものが理由と成るでしょう。 「権威がある」という意味で考えますと、その権力が大本と成っている部分と、宗教的な部分とがあります。つまり、上記の権力と、その維持とがそのまま権威を作りだしました。と、同時に、天皇は宗教的存在です。天皇の事を古には「すめらみこと」と訓読みしました。「すめら」と統(すべる)と絡めて話すのは、これは間違いで、白川静氏によると、「すめら」とは「聖」あるいは「清」に近い表現です。つまり、天皇は統治者である前に宗教的存在です。また、弥生時代の遺跡から、宗教的権威(=のちのヤマト政権に繋がるもの)を中心とした連合体の発生が見て取れます。ここで天皇は聖人とでも呼ぶべき存在、つまりは超人、人を超えた人です。つまり、世俗的権威と宗教的権威が天皇にはあります。 すこし話を変えますと、日本には「貴人」という(宗教的)概念があって、この意味でも、天皇はその最高の位置に存在します。これは上記の宗教的権威としての延長線上です。 つまり、ある時に世俗的及び宗教的意味合いで日本を一つに支配したので、天皇はその分に見合うだけの権威を持ちます。 天皇はここで、最高の権力を有し(=偉い)、最高の権威を有し(=偉い)ています。それ以降の全ての存在が、天皇という権威、権力を頂点とする秩序、つまり日本の秩序体系の中でしか存在していない(既にその体系の中にあって逃げることが出来ない)、という意味において、「天皇」は最高の身分で、まぁ、偉いということす。 然しそもそも「(身分的な意味合いでの)偉い」という言葉自体が、社会性に依拠する言葉です。社会的上下があって、その上位者にたいして偉い、という言葉が使われます。目以前に光がなく、耳以前に音が無いのと同じで、先に偉いという言葉があって、社会的な上下がその後に生まれたわけではありません(身分の差が無ければ、偉いという表現をする必要性は皆無です)。日本に於いて上下の別が誕生したその時には、既に天皇がその最上位者であり、それが現在まで続いている。えらいという言葉そのものが、天皇中心の秩序=日本という秩序に於いて、より上位の存在を表す言葉であると考えるならば、天皇が偉い、というのはそもそも自明の理、「最高に偉い」が全く天皇である、天皇とは最高に偉い存在だ、と、一切の説明なく言い切る事も、出来ない話ではないでしょう。

1

昔はみんな平等でしたが、 お米を作れるようになって、貯蔵量の差などにより貧富の差が生まれました。 そんな中で富を得るため争いが増えていき、いつしか力の強い一族が集落をまとめるようになったのです。 そういう人たちは日本各地にいて、彼らを豪族と呼びました。 時代が進むと全国の豪族たちが集まって、その中でもいちばん偉いまとめ役の人を決めました。その頃は呼び名が違いましたが、 それが後に天皇と呼ばれるようになったのです。 そういうわけで、昔ちからが強かったからまとめ役になった、その一族のなごりが今も残っている、という感じでしょうか。 そんな事が教科書に書いてありました。

1人がナイス!しています

1

じじい いいかげんにしろ 天皇は日本人にとって心の象徴だからだ。富士山や桜を見たときに我々は日本人であることを再認識する。それと同じだ そして頭の上におわす存在がいるほど、国民はしんぼうずよく勤勉で、賢くなる。何もない国の国民は怠惰で飽食的だ 天皇は日本人の心の中にあるのだ

1人がナイス!しています